一週間ぶりのライド

 400kmブルベの疲れも取れ、お尻もひと皮むけたので、そろそろ乗りたくなって来ました。明日から天気も崩れそうな予報だったので、不安定な天気の中、お気に入りの国体コースの途中にある「美郷町ラベンダー園」に立ち寄り一廻りしてきました。梅雨の最中とは言うモノの、晴れ間がある日は夏模様の天気となり、すっかりエアコンが嬉しい季節になりました。
DSCN5434_kantori.jpg

 来月末の「矢島カップ」に向けて、あったか山の奥、黒森山でのヒルクライム練習に向かえば良かったのでしょうが、まだ気力が十分ではありませんでした。ブルベ疲れでしょうか(^_^;
 今日から開園する美郷町ラベンダー園内には奇跡の白いラベンダーと呼ばれ、ここに数百株しかない貴重なラベンダー品種「美郷雪華」が有ります。この品種から採取した、美郷雪華(みさとせっか)酵母による日本酒800本が今日から発売されます。ラベンダー園の売店であったら買おうかと思っていたのですが、ロードバイクでどうやって持ち帰る?改めて実用性のない自転車だと・・・orz、まぁ、その分楽しいからOKなのですがねv(^^)
DSCN5438_raben1.jpg

 開園したばかりと言うこともあり、まだラベンダーは咲き揃っていません。もう一週間ほど掛かるでしょうか。 美郷町ラベンダー園 
DSCN5442_raben2.jpg


今日の距離:35.8km(ゆっくりと季節を感じながら一廻りv(^^) )
今月の距離:551.9km(ブルベ以降休みがち、怠け癖か?orz)
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2014/06/28 21:42 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)
スポンサーサイト

400kmブルベ、走ってきました

 昨日の酒飲みのせいもあり、ますます記憶が怪しくなっています。忘れぬうちに書き留めておかないと、せっかくの辛さ(楽しさ)が・・・(^_^;
 先月開催のBRM517宮城300kmの辛さも忘れぬうちに7/21-22の2日間にわたり400kmを走ってきました。300kmを過ぎたあたりから記憶が怪しいのですが、所要時間はゴールの時に聞いた25時間半程。まだ90分程残っていました。その時は眠く、ケツが痛く、早くゴールしたい一心でペダルを回していましたが、400kmって半端なく長いデス(T_T)。前に走った300kmにプラス100kmではなく、まだ走ったことがないものの200km×2という感じで、決して足し算ではなく、苦しい分のかけ算的なダメージを残してくれました。対策を講じたにもかかわらず痛んだケツ、今までにない太ももや二の腕の痛み、手足の指の痺れなど回復までどれだけかかるのだろうか。(ゴールから僅か60時間後なのに、暫く前のような気もするし・・・、少しだけ筋肉痛は治まりつつあります。)

 当日は概ね天気も回復し曇りをベースとした天気で、雨の心配はなさそうでした。鳥海山の下りがあるのでウインドブレーカーは持ちましたが、ジャージは上下とも長袖でした。BRM517で寒さに懲りていたことから、スタート時点で着ていた薄手の防寒ベストやシューズカバーは結果的には不要でした。
 朝の5:30スタートと言うことで、自宅を朝2:30に出発。湯沢からR108で鬼首峠を越えて2時間弱で到着しました。既に多くの方が到着し準備中で、私もバイクを組立ながら出発までに気持ちが高ぶります。
 受付場所では、以前コメントを貰った山形1号さんから声を掛けて貰いました。ブログの記事を見て頂いたのかバイクのことやら、来年の600kmのことなど。こんなブログでも見て頂いている方がいるのだと、改めて感謝すると共に、いい加減な書き方はできないと感じたところでした。
DSCN5405_start.jpg

 前回同様に写真はほとんどありません。走るのが精一杯で、前回の300km以上に余裕のないブルベでした。
 スタートして岩出山の中心部を通り、南へ向かいます。仙台から昨日のうちに自走してきたという若い参加者の後ろに付き、前後のフェンダーや太めのタイヤ、さらには大型のフロントバッグなどブルベに適した装備に感心して少しの間走りました。
 岩出山から右に折れ、山沿いに進み加美町のいくつもの沢を越えてR347に出ますが、ルートラボで見ると、その先の鍋越峠や鳥海山ばかりが目に付き全く気にしていませんでしたが、いくつものアップダウンは確実に体力・脚力を消耗します。ハタと気がつき、押さえるのですが、出発してまだ15km程で集団がバラけていない状況から、ついつい力んでしまいました。

 R347に出てからはPC1まで36kmほど道なりなので、この時点でASG-CM13の電源を切りました。通算13時間の稼働を確認しているので、不要な箇所はoffにして電池を持たせようという作戦です。結局、後半も知っている道が多かったことから、ASG-CM13の出番は少なかった(なくても体制に影響のなかった)ブルベになりました。

 PC1もPC2も順調に進み、予定時間より早めの進み具合になっていました。PCにはなっていなかった道の駅「鳥海」で昼食をと考えていましたが、あいにくの土曜日で観光客が多く待ち時間だけが長そうな人出でした。PC2で多めに買ったおにぎりが後ろのポケットに入っていたし、昼食を諦め吹浦駅前の自販機で水を買って、いざ「鳥海山」へ。ところが、見事に作戦失敗。水はどうにか持ったものの、160km走ってきてからの鳥海山を甘く見ていました。明らかにエネルギー不足ですし、根本の足不足でした。10%の上り勾配標識がある場所では、直ぐに心が折れ押し歩き(T_T)。時速4.5kmの世界で泣きそうな状況でした。10人近く追い越されたでしょうか。その都度皆さん言葉を掛けてくれました。それがなければ、途中で下りDNFだったかも。お声がけ頂いた皆さんに心から感謝致しますm(_ _)m

 大平山荘のチェックで登りが終わると思いきや、さらにもう2kmほどの上りがあって、ようやく見慣れた鉾立山荘付近の景色になりました。ここで下りに備えて反射ベストの下にウインドブレーカーを着込み、いよいよお楽しみの下りです。ところが、疲れているせいか下りといえども勾配がきついせいか、ブレーキングのタイミングやら細心の注意が必要なことからほとんど楽しめませんでした。

 疲れ切ってたどり着いたPC3でしたが、ここで十分な食事がとれると楽しみにして辿り着いたPCでした。ところが、それ以上に嬉しかったのが、満面の笑みと慰労の言葉で迎えてくれた漬物さん夫婦のお出迎えでした。これからのPCで必要なサポートをしますと言って貰ったことがどれだけ心強かったことか。鳥海高原が残っているものの、この言葉で完走が少し見えたようなありがたい言葉でした。試走であれだけ苦しんだ漬物さんならではのひと言が心に響きました。熱々のペペロンチーノとコロッケを頬張り、いざ鳥海高原へ。先に誰かがいると安心?
DSCN5420_tyoukaikougen.jpg
追いついて行けなくなると、旅の友は綺麗に姿を現した鳥海山。
DSCN5419_tyoukai.jpg

 R7号から左折し、象潟公民館を通り過ぎようとしてしたとき思わぬ応援がありました。翌日7/22の午前に開催される第1回『鳥海山ブルーラインヒルクライムfrom日本海』の説明会が終わったとのことで、鳥海グルイチの際もお世話になったスタッフさん(鳥海グルイチで有名な隊長さん)でした。友達にも誘われたがブルベを優先したことと秋にはまたグルイチによろしくと、言葉少なに話をさせて頂きました。応援ありがとうございました。

 鳥海高原への道は所々記憶に残っています。というのは、MTBで走る道は多くのコースがあの道から外れ、またあの道に戻ってくるというコースだったからです。寸断されていた舗装道路が頭の中で繋がった瞬間でした。

 ブリーフィングで複数のグリーチング注意があった、R108の由利へ下る広域農道を通過する時間は薄暮時となってしまい、林の中は暗がりが多い時間となってしまいました。高原への途中で追い越されたk関さんに追いつきました。明るいライトで前を照らしていたので、こっそり後ろについて便乗させて頂きましたm(_ _)m

 PC4以降は完全な夜間走行となりました。いくら暗くても漬物さんの声と笑顔は1000ルーメン以上に輝いてましたv(^^) 予想以上にPC5まで遠く感じたのですが、ペダルを踏むしかありません。道の駅 清水の里 鳥海郷の休憩室は24時間ではないため、トイレを拝借しただけで湯沢に向けペダルを回します。

 雄勝のPC5は近くに環境の良い道の駅「おがち」があるものの、逆の意味で皆さんから敬遠されているようだとスタッフの解説。考えてみれば300km走った体では朝まで寝そうですね(^_^; と言うことで私も腹ごしらえをして真室川に向けて出発。

 最終のPC6でチェックをして、ねぐらを検索。雨の心配はない、寒くもない、他の人の邪魔にならな箇所は・・・、駅の外のベンチとフェンスの間にバイクを突っ込み、ヘルメットに携帯の目覚ましをセットし仮眠。
DSCN5424_nrgura.jpg

 1時間のタイマーで目が覚め、コースに復帰。再びコンビニの前を通過した3時少し前、まだ複数の方々が・・・。漬物さんに既にチェックは終わり仮眠してきたところと伝え、先を急ぎます。

 新庄市へ出るまでの県道58号は奥羽線沿いの道路とはいうものの、交通量も少ない分街灯も少なくライトの性能評価にはもってこいの区間でした。パーツ個々のインプレはこの後にしますが、今回の構成は私のスピードでは十分なものでした。ヘッドライトの効果か、自販機に潜り込む狸と私と併走した狸をしっかり捕らえることができました。(多少の恐怖はありましたが)

 新庄市に到着した頃は、ガストもココスも営業時間が終わり、先を目指すしかありませんでした。R47に入ってからは、今まで2回通った道で不安も心配もない代わりに、新鮮さもありませんorz。赤倉のファミマに到着した頃はすっかり夜も明け、イートインがあることを知っていたので、軽めの朝食。カップヌードルとフランクフルト、おにぎりを頬張り、いざ最後の峠へ。
DSCN5428_houjin.jpg

 封人の家を過ぎれば鳴子、そこから下ること20km程でゴ~~ルゥ!。後は寄り道をせず、痛んだお尻をかばいながら淡々とペダリング。
 ゴールではスタッフの皆さんや先にゴールした参加者が暖かく手を振り迎えてくれました。
DSCN5432_goal.jpg

 もう踏まなくても良いという安堵感と共に一気に疲れが襲ってきますが、サインをし、メダルの申込みをし帰宅の準備をします。興奮しているのかこの段階ではまだ眠くありませんでしたが、帰る途中は30分程の仮眠を5回程とって、ゆっくりと。帰るまでがブルベと言いますが、まさに言い得て妙だと、いくら寝ても寝たりない状況の中で、ニヤニヤしながら寝ていたのではないかと思います。

 400kmを走って次は・・・、と一般的には考えるのでしょうが、暫くはお腹いっぱいの状況です。とても次回の600kmなんて考えられません。300km×2ですよ! まして獲得標高6772mですよ! 今の私には200kmや300kmが楽しく参加させて貰えそうです。

BRM621の距離:405.1km(消費カロリー8552kcalv(^^) )
今月の距離:551.9km(目指せ700km、ケツの痛みが許すならば・・・(^_^;)
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2014/06/24 20:14 ] 自転車 | TB(0) | CM(8)

BRM621宮城400完走!

 第2回目のブルベ、完走しました。ところが300kmに比べ半端ない疲れよう・・・。自家用車で普通に走れば2時間で帰る道を、途中5回の休憩を入れて6時間で帰宅。更に昼寝を2時間、夕食後、完走記念のケーキをご馳走になったら、眠気が・・・。
 詳細は後ほどアップすることにして、風呂に入ってもう寝ます。明日の会議の説明準備は・・・、明日考えますorz
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2014/06/22 19:45 ] 自転車 | TB(0) | CM(7)

もういくつ寝ると・・・(^_^;

 BRM621への参加を決意しながらも、仕事が立て込んだりと、なかなか時間をとれずに10日もブログをほったらかしに・・・orz でも、時間を見てはローラーで汗を流したり、ブルベ装備の再検討と準備、更には14日の漬物さんの試走をツイッターで応援したりと、忙しいながらも楽しい日々を過ごしておりましたv(^^)v

 16日にはブルベへの参加受付ハガキも届き、昨日はキューシートとコマ図も公開され、いよいよボルテージが上がってきました。反面、400kmを本当に走れるだろうかという不安は簡単には払拭出来るモノではありません。今までに経験のない距離もさることながら、長い時間走らなければならない夜間走行にも不安を感じます。
DSCN5390_komazu.jpg

 天気は先のBRM517ほど荒れそうにもないので、完全に許容範囲でしょう。前回の反省からお尻を濡らさないために、モンベルのGORE-TEX ストームニッカを奮発したので、少々の雨はOKなはず・・・ です(^_^; 出来るだけの準備とシミュレーションを行ったうえで、安全、確実な走りに徹したいと思っています。

負荷の掛からない、回転系をメインに今晩もローラーです。「また夜練しろよ」という突っ込みは勘弁して下さい。
今日の距離:18.5km(足が鈍らない程度に・・・、低負荷で(^_^;)
今月の距離:146.8km(目指せ700km、(内訳BRM400km+月間目標300km))
-----------------------------
19日に朝に確認したところ、キューシート、コマ図ともバージョンが2.3になってますね。
コース変更等はないようですが、表記の変更があるようです。皆さん、後ほどご確認の程。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2014/06/18 21:26 ] 自転車 | TB(0) | CM(2)

恒例の下調べ(^_^;

 6月21日の400kmブルベには、参加するモノと脳内では準備が出来ました(^_^; と言うことは、良く判らない場所は見ておかないと・・・v(^^)v。結婚記念日という訳ではありませんが、女房には「鳴子温泉までドライブに連れて行ってあげよう!」との誘い文句で、助手席でナビを頼みました。とは言うものの、行程の半分は居眠り(おぃ、おぃ・・・、まぁ良いか寝せておこう(^_^;)

 主な目的は、BRM621宮城400kmの途中で必要になるであろう仮眠場所探し。秋田県の湯沢までがほぼ300km。高低差はあるものの前回のデータを参考にすると湯沢までが早くても15時間後。21時で仮眠が必要かどうかはその時の状況次第とはいうものの、仮眠には最適な道の駅「小町の郷」があります。設備はどうかというと、24時間開放の施設で休憩用のテーブル椅子から畳を敷いた場所まであります。しかも飲み物やカップ麺の自販機、Wi-Fi、コインシャワーまで完備されています。
DSCN5310_komachi.jpg

 湯沢からR13で南下。県道58号に右折してからはJR奥羽線沿いに進み真室川駅前のPCを目指します。普段はR13のしかも自動車専用道しか走ることがなく、初めて走る路線でした。真室川駅の待合室にはベンチなどがあり、仮眠場所にも使えるかも。
DSCN5327_mamu.jpg

 またその先の泉田駅も同様に使えそうです。とはいうものの、真室川駅は湯沢から+40km(2時間)、泉田駅は更に+10km(30分)の距離があり、どこまで足が持つか、スピードを維持出来るかにより、仮眠場所を考慮する必要があると思われます。
 R13に出てからは新庄市街を通り、R47を東に進み陸羽東線(奥の細道湯けむりライン)沿いに進みます。山刀伐峠へ向かった赤倉温泉駅過ぎの右折箇所も直進し、封人の家がある標高350mの中山峠を越えて、鳴子温泉へ降りていきます。
 温泉街を過ぎ、さらに10km程快適に下っていくと、スタート&ゴールのあ・ら・伊達な道の駅うらの池月地区公民館。一通り走ってみることで今回のドライブの目的は90%完了です。
DSCN5347_kouminkan.jpg

 遅めの昼食に「凍みっぱなし丼」を食べて、お土産を買って帰路につきます。
DSCN5348_simi.jpg

 鳴子からR108で鬼首峠を越えて湯沢を目指します。丁度1時間でR13。雄勝こまちICから無料区間の湯沢まで高速20分。湯沢からはR13の西側に走る県道を通り大曲まで40分。わずか2時間で帰れました。と言うことは、6/21の早朝なら2時間切りも十分考えられるかも。前日泊を予定してましたが、この時間なら・・・。もう少し検討してみます(^_^;
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2014/06/08 21:49 ] 自転車 | TB(0) | CM(2)

多忙な一日

 夕べから、「調子が良かったら」と女房にも断っていましたが、早朝のワラビ採りに行ってきました。市内から20分程の何時もの場所!、1週間前は多くの人が入って収穫量も多くなかったのですが、下草も伸びて探しにくくなったこととそろそろ飽きてきたのか、太くて立派なモノが沢山v(^^)v。調子に乗って少々多く採ってしまいました。一週間以上食べられそうです。
収穫量3.7kg
DSCN5282_warabi.jpg
アク抜き処理(鍋二つ(^_^;)
DSCN5288_akunuki.jpg
 そんなこんなで調理の手伝いをしている途中で宅配便。400kmブルベに向けて、追加調達したモノのうち第一陣が届きました。スペアタイヤは持つ予定が無いので、その対策としてタイヤブート。400kmは仮眠が必須と思われることからサバイバルブランケット。そのコンパクトさに驚くとともに多少不安も・・・、あとで広げて入ってみよう(^_^;
テールライトの予備は連続稼働時間が長いTL-LD155-R。年季の入ったLD130-Rとの二灯体制で万全を期します。ウインドブレーカー用にはっ水・防汚スプレー、雨に祟られたBRM517でほんの少しでも防水機能が高かったらと感じたことから、次に向けて使ってみます。当たれば荷物も少なくなり儲けものv(^^)v。 お楽しみの第二陣は、明日かな・・・、最強兵器の導入です。
DSCN5291_burube.jpg

 昼前に女房は友達と出かけてしまったので、それでは私も・・・ と、今期初めての美郷町六郷東根、黒森山頂上まで。梅雨入りが昨日発表され不安定な天気で強かった奥羽山脈からの東風に向かいウオーミングを兼ねてみずほの里ロード交差地点までマッタリと30分。
DSCN5294_mizuho.jpg
 矢島カップを視野に入れた練習として去年のデータと比較する意味からも、アトラスASG-CM13でGPXログを記録しながら登ります。スタート前は3分程休憩を入れて、心拍数を整えます。シッティングと休めるダンシングを取り混ぜながら途中休憩も無く登り切ることが出来ました。
 私の登り始めに、下ってきたライムグリーンのWilier乗りの方は、下で折り返して再び登ってきて展望台の1kmほど前で爽やかな声がけとともに、私を軽くぶち抜い登っていきました。自分の貧脚をどうこうと言うよりも、元気な若者の剛脚に感動すら覚えました。登り始めて53分。ようやく頂上。去年参加した町民登山の登り口になっている、黒森神社の鳥居があります。7月下旬の矢島カップまで何回か登り練習したい。せっかく近くにこんな良い練習場があるのだからv(^^)v
DSCN5299_kuromori.jpg

 明日は明日で、車での調査活動行う予定です。調査内容はまた明日・・・(^_^;

今日の距離:46.1km(矢島カップに向けた黒森山練習場v(^^)
今月の距離:73.2km(目指せ700km、(内訳BRM400km+月間目標300km))
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2014/06/07 20:30 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

リザルト発表

 オダック・スジャパンのBRM/2014年開催予定&結果
http://www.audax-japan.org/BRM-calendar.html ここから辿るとBRM517宮城300kmの結果がエクセルファイルで登録されていました。ランドヌール宮城のHPでは正式な発表がまだありませんが・・・。
AudaxJapanHP.jpg

 あの寒かった思いが一瞬頭をよぎりますが、ダウンロードしたデータを所要時間順にソートしたり弄くっているうちに、次のBRM621宮城400kmに向けて、なにやら元気が沸いてくるような・・・、自信と良い刺激材料になりますv(^^)v。思っていた以上に頑張ってました←ワタシ(^_^;


今日の距離:12.1km(300の結果発表に気をよくしても、固定ローラーは重いorz )
今月の距離:27.1km(目指せ700km、(内訳BRM400km+月間目標300km))
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2014/06/05 20:58 ] 自転車 | TB(0) | CM(2)

ブルベ参戦可能か?

 研修日程によりその参加が絶望視されていたBRM621宮城400km鳥海高原ですが、調整により参加できる日程になるかも・・・v(^^)v、そんな嬉しい情報が入ってきました。未確定とは言うものの、BRM517で一気に高まり心の奥でフツフツとしていたブルベ参加への気持ちが、再び燃え上がりそうデス(^_^;
https://sites.google.com/site/randonneurmiyagi2/
ランドヌール宮城

 1ヶ月程の短時間で400kmにも挑戦するの?、と言う女房の声もありますが、5月あの天候で走った300kmを考えたら、暖かくもなっているし怖いのは睡魔だけかなっ(^_^; ただし、前回の教訓からお尻が濡れないレインウエアーを調達することと、前乗りして宿を取り十分な睡眠をとることが必須と思っています。そうで無ければ、体が持ちそうにありません。あ・ら・伊達な道の駅まで120kmと寒河江に比べれば近いものの、走行距離を考えたら無理はできません(余計な体力は持ち合わせていない老体ですので(^_^;)

 出場可能かの結論はもうすぐ出るはずです。BRM621の申込みは6月7日までだったような・・・、間に合ってくれ~~っ、と絶叫しながら今晩から矢島カップも視野に入れて固定ローラーでの練習になります。ブルベにヒルクライム・・・、仕事以上に忙しい、忙しい・・・ (^_^;

今日の距離:15.0km(10ヶ月ぶりの固定ローラー、負荷4、キツイ・・・(T_T)
今月の距離:15.0km(目指せ700km、(内訳BRM400km+月間目標300km))
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2014/06/03 21:01 ] 自転車 | TB(0) | CM(2)

男鹿半島一周

 takaさんプロデュースのこの企画、絶好の天気に恵まれ3人で一廻りしてきました。適度なアップダウンと開放感あふれる海岸線のコース、土曜日のせいかそれほど混み合わず、交通量も少なめで快適なコンディションでした。
 門前の入り口にある「なまはげ」のオブジェ。赤神神社五社堂の山門前にあり、本日の安全を祈願してから、いざ本格的なアップダウンの開始(^_^;
DSCN5245_monzen.jpg

 一息ついて小休止。以前は土産店などがあり賑やかな場所だったのですが、廃墟となり隣に公衆トイレがあるだけ。しかも自販機も撤去されたようで無い・・・orz
DSCN5249_kyuukei.jpg

 入道崎には11時頃届いたものの、この先昼食をとれる場所も思いつかないことから、少々早めの昼食。ただし全員がそれほどお腹がすいていないことから、軽くラーメンで。← 県外からの観光客も多いはずの有名な場所で、食べたラーメンが・・・。他のお客さんには勧めたいと思えないような・・・、次に行った際は間違いなく注文はしませんorz
DSCN5254_nyuudou.jpg

 登りで足を使ったせいか、帰りのアップダウンは無茶をせずマッタリと(^_^; ただし予想外だったのが、スタート付近のトンネル(生鼻崎第二トンネル)が工事中のため、誘導員に迂回路として誘導された方向が、とんでもない登りの山道。ここまで来てこれか?と思わず笑ってしまいました。降りた先が、男鹿なまはげライン沿いの県道。で、何やら見覚えが・・・。2011.11の雲さんと走ったコースで藪こぎの結果たどり着いた出口!! まさしくその場所でした。

 好天の中無事に一周出来たことと、名幹事役のtakaさんに感謝しながら解散!
5/31の距離:72.1km(久々に満足感を味わえたコンディションでしたv(^^))
5月の距離:707.1km(MTBの200kmを含めると最高月間走行距離、さらに更新v(^^) )
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2014/06/01 17:00 ] 自転車 | TB(0) | CM(4)