矢島カップ、リザルト発表!

 見たいような、見たくないような・・・、でも見てしまう発表されたリザルト!! 去年より遅いのは確定でしたが、具体的なタイムはどうなのかリザルト発表まで解りませんでした。出来れば2時間は切りたいと目論んでいましたが、結果は・・・、達成しました。2時間を切る事、1分未満(^_^;&v(^^)v 練習不足が祟った結果としては、2時間を切るタイムが出ただけでありがたいと感謝してます。
 リザルトは 公式サイトでご確認下さい。 矢島カップ公式サイト 28thリザルト
http://www.city.yurihonjo.akita.jp/yashima/roadrace/cycle%20hp/top/report.html

会議のあとの意見交換でへべれけ状態。カップ麺を食べたら、もう寝ます。お休みなさいm(_ _)m
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2014/07/29 20:54 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)
スポンサーサイト

矢島カップ、完走!

 練習不足で一時はどうなるかと心配されたヒルクライムですが、どうにか足きりで回収される事もなく完走出来ましたv(^^)。記録は・・・、聞かぬが花です(^_^;、昨年より10分以上遅くなりました。ただし、閉会式後に発表される予定というリザルトでしたが、待ちきれずに帰ってきてしまいました。後ほどネットで確認したいと思います。

 さて、今朝は自宅を4時40分に出てコンビニでおにぎりを調達し、受付会場の日新館をめざしました。会場まで片道80分、自転車の組み立て調整に15分、ウオーミングアップに30分。受付が7時までで招集が7時45分。例年のとおり50歳代のフルロード男子Eクラスはご覧のとおり大賑わいです。
NEC_0002_parade.jpg

 降水確率が高い表示となっていたので心配しましたが、パレードとスタートだけはどうにか降らずに持ちこたえてくれたようでした。パレードの途中で杣さんから声を掛けて頂きました。昨年秋の「松屋でひやがけ」ツーリング以来でした、ご無沙汰ですm(_ _)m

 13kmのチャレンジクラスがゴールとなっている花立山荘の少し手前でいよいよ本格的な雨が・・・。ゴールまで強くなったり弱くなったりで止む事はありませんでした。しかもゴール後に最終走者を待つ事となった祓川キャンプ場の駐車場では、強風と大粒の雨。合羽を持っていない参加者には本当に気の毒でした。強風が体感気温を更に下げ5月のブルベを思い出させるほどでした。

 前回と同様に雨に祟られた事もあり、下山後の熱々の豚汁とおにぎりは何より嬉しいご馳走でした。
 ブルベ装備を解除し軽量化したTNi7005mk2、フルクラレーzero 結構使えますv(^^)v
DSCN5563_junbi_ok.jpg

昨日の距離:48.2km(あまりに寒さに、下山途中までメーターがスリープ状態orz )
今月の距離:473.2km(矢島カップの完走目標は達成したが・・・、タイムが・・・(T_T))
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2014/07/27 21:13 ] 自転車 | TB(0) | CM(4)

練習不足orz

 明後日に控えた「矢島カップ」ですが、例年に比べ明らかにそのスジの練習不足です。ブルベに出てから何となく練習というと長距離!!的な走りしかしてませんでした。過去2回は固定ローラーを多用して片足ペダリングから強めの負荷を掛けての練習をしていましたが、今年は全く固定ローラーを使っていません。特に先週から今週にかけて意見交換会という名の酒飲みが多かった事から、練習不足のうえにカロリーオーバー気味でペダリングの際にお腹まわりが・・・orz
 大会の前日は休息日にして、機材の点検整備をするため、中1日おいた本日の夕方少し涼しくなってからHC練習コースの「黒森山」へ行ってきました。みずほの里ロードを越えた地点で5分ほどの休憩を取り、心拍数を落ち着かせます。
DSCN5545_start.jpg

 走り出しは順調なものの、去年に比べ明らかにスピードダウンの気配。瞬発力が落ちてしまったのかと多少の落胆を感じながら登ります。間違いなく去年より重い。今更無理をして何処かを痛めると元も子もないので、中間の潟尻第二ため池で打ち切り。
DSCN5549_goal.jpg

 えっ、写真をよく見たらホイールがブルベ用のRR585のまま来てしまった、重いはず。帰ってからアトラスASG-CM13で記録したログデータを確認したら、重いホイールにもかかわらず去年より僅かに遅いだけv(^^)。頂上まで登れませんでいたが今年はこれで良しとしましょう(^_^; 今更ジタバタしてもどうにもなりませんし。明日は本番に向けて洗車とスプロケ・チェーンの掃除をしながら、フルクラレーzeroをセットアップします。

昨日の距離:40.6km(矢島カップの練習、かなり手遅れ・・・orz )
今月の距離:425.0km(目標は達成したが内容が伴っていない・・・(T_T))
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2014/07/25 20:50 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

梅雨明け前なのに

 あまりの疲労にブログのアップが一日遅れました。そう、昨日の「海の日」ライドで、距離ではなく暑さに負けました。当初から計画があったわけでも無いのに大げさなタイトルですが、女房が友達と出かけることになったことから、丸一日自由時間でしたv(^^)v。とはいえ、先日からの申し合わせで朝の野菜収穫と水やりがあることから4時出発はならず、女房が出かけ一息ついた10時の出発となりました。準備をしながらコースを考えるのですが、目新しいところも無いため、さんざん悩みながらの準備でした。BRM621宮城400kmの秋田県部分を海に向かって進むコースは往復160km、女房が帰ってくるまで帰宅できるか微妙(^_^;。ということで、車では走ったことがある内陸部の広域農道を北上し秋田市へ、空港近くの県立中央公園を通りセンチュリーランのコースで帰宅する。100kmほど、5時間コース15時には帰宅予定でコースを決定しました。


 出発はいつもの桂公園から。市内を抜けて玉川を越え、松倉地域から広域農道へ。上り始めて直ぐに広域市町村圏組合で建設中の新しい火葬場が見えてきます。まだ基礎工事程度ですが、市内から遠くなります(T_T) 現在は花火会場の西側の山の中腹にあり、市内からもそれほどの距離では無いのですが・・・、市町村合併による広域化の弊害なのでしょうか。山間に入ったとは言え、既に気温は30℃に達しています。

 一山越えるとセンチュリーランで使われる県道に出ます。刈和野から角館へ抜ける県道10号線。ここの十字路脇に記念碑と共に東屋と駐車場があり、ここへ練習に来られたのでしょうか3人のローディーと挨拶を交わします。この十字路から次の県道252号の十字路を往復すると、矢島カップ1stステージのTTと同じ距離、獲得標高になります。去年始めて出場した際にここで数回練習しタイムを計っていました。練習も本番もほぼ同じ時間であった事から、矢島のTTに出場される大曲近辺の方は良い練習場ですよ!!。

 県道252号に右折し、R46に向けて進みますが、徐々にアップダウンの激しい山道に入ります。R46は3kmほどですが、交通量は多くなるし気温は上がるし、さすが国道なかなか走り辛いです。R46から右折し再び広域農道へ。荒川鉱山坑道内部の資料を展示している民俗資料展示館「大盛館」の横をとおり再び登り坂。溜息をつきながら見上げると表示気温は30℃、梅雨明けはまだなのに強い陽射しと高い気温は夏本番を感じさせます。
DSCN5533_taisei.jpg

 その後もルートラボで見るとサメの歯のような山道を進むこと20km。秋田中央広域農道の看板があり終点が近いことを示しています。
DSCN5537_kanban.jpg

 そこから2kmほどで県道62号のT字路へ出ます。これを左折し少しずつ南下し、和田方面へ。R13沿いにあるローソンでおにぎりと水を補給。昼近くになりいっそう強くなった陽射しを避けるように日陰を探して昼食。2回のブルベで経験したスタイルの食事に全く違和感はありませんが、周りに同じような方がいないこともあり少しは気を遣いながら・・・(^_^; この段階で気温は既に32℃(T_T)

 次に寄ったのが県立中央公園にある県営トレーニングセンター。トレーニング目的ではなく休憩所の外にある喫煙所。自販機も各種ありゆっくり座れる椅子もあり、誰もタバコを吸っていないときの休憩には最高です。ここでは以前にも食べたワッフルコーンバニラのアイスクリームv(^^)v 冷たくて生き返る気分です。
DSCN5538_ice2.jpg

 センターでの休憩後は一路センチュリーランコースを大曲に向けて出発。出羽グリーンロードに出るまでの間、2カ所で路肩崩落対応工事を行っていて、工事用の信号が付いていました。このコースを刈和野まで進みR13に出たところで、その先は国道沿いに南下。あまりの暑さに道の駅「かみおか」で水分補給。ツール缶からバンダナを取り出し顔を洗いました。汗が結晶化し汗をぬぐおうと顔を擦るたびに痛みが出てきて我慢できな状況でした。

 トータル5時間の炎天下の旅はつつがなく終わり、涼しい顔してエアコンが効いた部屋でまったりと。夕方帰った女房の第一声。「何その日焼け・・・(絶句)、いい年なんだから・・・ ・・・」と沢山のご意見を頂きましたが、こんな日を逃すテはありませんよね(^_^; 何を言われようと秋のブルベを目標にv(^^)v ところで来週の矢島カップ、ヒルクライムの練習は何時やるの?? 用意周到なA型なので、あまり言いたくはありませんが「ぶっつけ本番」でしょうね(^_^;

昨日の距離:100.8km(距離よりも暑さのダメージが翌日まで・・・ orz )
今月の距離:384.4km(週末毎の長距離練習の成果がv(^^)v)
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2014/07/22 20:18 ] 自転車 | TB(0) | CM(2)

イベントの案内

 帰宅したら例年の案内が届いていました。ブログ開始のきっかけとなり、自転車にいよいよ嵌まるタイミングになった、「2014行ってクール・ド・田沢湖」秋田県センチュリーラン大会です。主催は秋田県サイクリング協会
DSCN5525_annai.jpg

 今年は先に宣言したとおり、連続ブルベの二日目、BRM907宮城300物見山(距離300km、獲得標高3222m)に出場予定のため、欠席します。せめてもの罪滅ぼしに、少々宣伝をさせて貰います(^_^;

 初めて走る方には、秋田県の南部、大曲仙北の二大観光名所を自転車で巡る事の出来る贅沢なコースとなります。100kmと160kmからコースが選べ、160kmでも獲得標高が1000m未満と比較的無理をしないコースになります。100kmの折り返し地点は東北の小京都、武家屋敷と桜で有名な「角館町」。しかも今年は少し後半にずれたおかげで9月7日から9日まで開催されるお祭りの初日になります。「角館のお祭り」の詳細は観光協会のサイトへ。役場も機能しなくなるほどの熱の入れようで、町内ごとの曳き山の飾り付けと、町内を巡り歩く民謡と手踊り、進路交渉決裂による実力行使の「ぶっつけ」が壮観です。日中とは言え、祭りの雰囲気を十分感じる事が出来ると思います。

 160k折り返しの田沢湖はその深さで日本一、絶滅したとされていたクニマスが4年前に山梨県の西湖で発見された事で有名になった湖です。自然豊かな20kmの周回コースを一廻りして角館でチェックを受けて出発点に戻るコースとなります。

 3年連続で走ると新鮮さがなくなりますが、たまには秋田にでも行ってみようかと考えておられる方には、打って付けのコースだと思います。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2014/07/14 20:29 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

遅めの朝練(20140713)

 先週に引き続き「早起き朝練」に出かけようと、昨日の夜にルートを作っていたら女房から注文。朝は野菜の収穫から畑・花壇の水やりと何かと忙しいので、一通り朝仕事を行ったうえで早めにご飯を食べてから出かけて欲しいとのこと。その上で夕方まで出かけるのであればそれも良しとの事。言われてみれば、その通りで朝4時に出かけてしまう方は良いかもしれないが残った方に負担が掛かる。朝食を摂る事により、一食省ける。と言う事でトマト、キュウリ、ミニトマト、シシトウ等々、朝の収穫をしてから朝食。

 通常の出勤時間よりも早めの出発。今日はブルベで痛い目に遭った尻痛対策として導入したパールイズミの3D Neoパッド採用のレーパンの使用感の確認。結果は、goodです。Very Goodです。出所が怪しげなヤフオクで入手したジャージに比べ、シャーミークリームを塗らなくても擦れる感覚はありません。先週の110kmの影響が少しは残っているのか圧迫による痛みが少しはあるものの、ほぼ問題ない程度かと。

 本日のコースは次の通り。


 大曲からR105で由利本荘市大内地域まで進み、滝温泉方向に向けて県道29号へ左折。30年前に足を骨折し良く通った滝温泉ですが、あまりに久しく全く記憶に残っていない状況でした。更に温泉の手前から県道49号へ右折。大小屋ファミリーランドの案内看板を目印に進みます。最後の民家から先は道路も狭くなり、いかにも峠越えの道、しかも道路状況を表示する看板付き。勾配がグッときつくなります。この前換えた28Tのスプロケットが良い仕事をしてくれますv(^^)
DSCN5514_D49start.jpg

 頂上の少し前で多くの岩手ナンバーのオートバイが気持ち良さげにコーナリングをして追い越していきます。ファミリーランドに集まっているのかと思いきや、そこには昔ながらの遊具と近くの牧場に牛がいるだけ。近くのキャンプ場やロッジは夏の暑い季節には良い場所かと。
DSCN5515_family.jpg

 ファミリーランドから3kmほどで頂上に到着します。登った分を思いっきりダウンロードで楽しむところですが、深い森に包まれた道路は所々濡れて多少怖い・・・。しかも途中で狸がひょっこり、真室川以来狸に縁があるようです。熊でないだけでラッキーなのですが(^_^; 上りよりも傾斜のきつい5kmの下りを終えると、何やら見た事のある景色。突き当たりを右折すると県道69号で赤田方面!! 2014.4.29仲間と4人で廻った赤田の大仏コースで通った道でした。確かに、下ってきた道を下から眺めて、雑談している写真もありました。これでまた道路が繋がりました。
DSCN5517_D49end.jpg

 と言う事は・・・、と記憶を辿っていたら、有りました謎の自販機。残念ながら売り切れでしたが50円の?マーク付きの缶は何なんだろう。2年たっても、えも言われぬ怪しさを醸し出していました。
DSCN5518_jahanki.jpg

 本荘市内に着いたモノの、帰路は時間と体調に聞いてと考えていた事から大いに悩みました。R105で帰れば往復100km。R108で先のブルベで通ったコースを辿るとすれば160km。この前のR108は夜間走行だったので、日中にも走ってみたいとR108へ左折。5kmほど進むと何やら上りで足を使いすぎたせいか、調子が上がりません。意を決してコースの変更。この前と同じR107で東由利の道の駅で大休憩をして横手へ。道の駅ではソフトクリームとフライドチキン、フライドポテトでエネルギー補給。これで心配なく大曲まで帰れるv(^^)v
DSCN5520_soft.jpg

今日の距離:128.8km(暑いこの時期、出来れば練習は早朝に・・・(^_^; )
今月の距離:283.6km(矢島カップに向けた練習もしなくては・・・ orz )
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2014/07/13 21:28 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

ブルベ用導入パーツ(バッグ編)

 今年からのブルベに合わせてバッグを購入しています。今まで使っていたtopeakのエアロ ウェッジ パック (クイッククリック、マイクロサイズ)には最低限のパンク修理道具とチューブしか入らず、あまりに小さすぎることから、シリーズのLサイズを買いました。輪行袋、チューブ2本、パンク修理用パッチ、レバー、タイヤブート、チェーンカッター、六角レンチのほかライトの予備とチェーンルーブ60ccボトルも入ります。
 また以前はウエストバッグに、デジカメ、携帯電話、タオル、ティッシュ、財布などを入れてましたが、長距離になると食い込んで痛くなることからボトルを1本にしてツール缶を導入しました。ツール缶は防水性も高く5月の雨ブルベでも、安心して携帯電話と予備電池を入れておくことができました。内側にウレタンの入ったカブトのツール缶。
DSCN5504_bag.jpg

 荷物の少なかった(認識が甘かったため結果的に準備不足の装備だった)5月のブルベは何とか乗り切ったものの、その反省をふまえて400kmはカッパ、エマージェンシーシート、補給食、タオル、予備電池の追加など荷物が増える事が明らかでした。そこで注目したのが皆さんがよく使っていたフロントバッグ。メジャーなところでモンベルの4.5リットルフロントバッグを購入。荷物も入り取り出しも楽なことから大満足でした・・・、300km走るまでは。PC5雄勝を過ぎてR13から真室川を目指し県道に入って直ぐ、なにやら擦れる音。そうです、長い距離と振動により少しずつ紐が緩んだのでしょう。ぽっかりと穴が・・・。
DSCN5507_ana.jpg

 再度締め直して緩むことは無かったのですが、上ハンドルの際にバッグが邪魔になる件と併せ再考の余地がありそうです。

 KURAROの平らなトップチューブでは大変お行儀の良かった、防水機能を持ったtopeakトライ ドライバッグですが、トップチューブが丸く多少細いTNi7005mk2では入れたものの重さも関係してかダンシングのたびに暴れ出し、最後はデジカメはジャージのバックポケットに入れなければならない始末。400kmの際はフロントバッグのサイドポケットに良い収納場所があるため、もうブルベでの出番はないかも(^_^;

 様々に少しずつ体験した上で、再度装備の練り直しをして、今日申込みした9月の500kmブルベ、じゃ無かったBRM906宮城200kmと翌日の300kmで検証してみたいと思います。えっ?秋田のセンチュリーランは?・・・ 今年はお休みさせて頂きますm(_ _)m この2日間のブルベを完走したうえで、来年の600km参加の可否を決めたいと思います。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2014/07/10 19:39 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

大曲の花火、桟敷席v(^^)

 大曲の花火 http://www.oomagari-hanabi.com/
 去年は早くから花火の桟敷席を確保出来たことから、中央公民館の抽選会には出向きませんでしたが、今年は知り合いから頼まれたこともあって早朝から出かけてみました。と言っても自転車で5分もかからない場所なので、休日のゆっくり朝食モードを終えてから出かけ、8時10分前にまでは到着し列の最後尾へ。何やら何時もより人出が多いような(T_T)
DSCN5487_retu.jpg

 並んでいた近くの人の話によれば、去年は3600人近く並んだそうで、今年は少ない方とか。抽選券の番号は2703番。良さげな数字の並びに何かワクワク。
DSCN5489_tyusen.jpg

 抽選券が全員に配られ、8時30分からコンピュータによる抽選を行い、随時番号の発表。例年に比べ当選確率が高いような抽選結果に感じました。と言っても、1000番までの発表に1時間(T_T)、熱い日差しの中で、待つ身にもなってくれ~~、と言いたいような進捗率でした。と、その時、警備員の方が抽選結果の紙を持って廻ってきました。デジカメの望遠モードv(^^)
DSCN5493_bangou.jpg

 有るじゃないですか!!2703番が!!番号が呼び出されるまで、建物の中に入り勝利の冷たいジュースv(^^)v これで今年の花火も安泰です。桟敷に横になって花火を鑑賞出来ますv(^^)v
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2014/07/06 11:21 ] 日々 | TB(0) | CM(0)

朝練:田沢湖一周

 土日のスケジュールの中で走れる時間として残っていたのが土曜の朝。先週立ち寄った美郷町のラベンダー園が見頃という新聞記事があり、時間があればと思っていましたが、5時間の朝練で向かう先は田沢湖一周にしました。50才も半ばを過ぎた普通の感覚からすれば、まだ明け切らない朝4時に何を好きこのんで自転車で・・・、と言うことなのでしょうが、止められません(^_^; 次のヒルクライムやら秋のブルベやら、どう攻めようかを考えたら自然と足が動きます。 まだ薄暗い大曲田町「桂公園」午前4時
DSCN5458_katura.jpg

 朝もやの中、広域農道、国道105号と北を目指します。出発から2時間、45km。田沢湖潟尻のたつこ像前。定番の位置です(^_^;
DSCN5463_tatuko.jpg

 写真を撮って早々に時計回りで田沢湖一周。半周地点には枝振りの良い「蓬莱の松」。中国の伝説にある仙人の住む蓬莱山というところの松は枝ぶりがよいことで有名だそうで、その松に似ているところから名付けられたとか・・・、でも誰も見たことはないのでしょうね、伝説の山ですから(^_^;
DSCN5467_matu.jpg

 スタート地点へ戻ったのが朝8時30分。帰路は下りと追い風に助けられましたv(^^)
朝から気持ちの良い練習が出来ました。
今日の距離:110.4km(この時期練習は早朝に限るv(^^)v )
今月の距離:130.3km(矢島カップに向けて黒森山練習も取り入れなくては・・・)

で、明日は何をするかというと、むふふ・・・ 朝8時までに行列に並んで「大曲の花火」桟敷席の抽選会に参加v(^^)v お金を握りしめ抽選に臨みます。昨年で確率30%と言っていたような、当たることを祈って早めに寝ます(^_^;
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2014/07/05 18:48 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

ブルベ用導入パーツ(ホイール編)

 今年の4月、kuraroをお釈迦にする4日前にブルベを視野に入れ注文した、RR585+アルテの手組ホイールですが、300kmと400kmに履いてみました。多少重さは感じるものの、滑らかな回転性能と乗り心地の良さを感じることができました。さらに、ネットでの書き込みを見るとスポークが多い分、たとえ1本折れてもどうにか走れてしまう頑丈さがあると言います。まさにブルベに合致した性能のホイールだと感じました。
dtswiss_RR585.jpg6800fr.jpg

 ところがひとつだけ問題がありました。何気なく買っておいたカセットスプロケットを付けてていたのですが良く見たら12-25T。フルクラレーZEROに付けているカセットは11-28T。道理で400kmの鳥海山や鳥海高原で押し歩きが入るはずです(T_T)。次まではどうにかしなくてはとブルベ以降、ヤフオクで28Tのカセットを探しておりました。
 で、見つけました、なにやら怪しい出物。「シマノ・UlTEGRA CS-6700 11-28T・訳あり・11T、13T無し」どういう身の上かは知りませんが、届いてみると確かに新品なのに11Tと13Tが無く8Sの状態でした。
DSCN5446_g1.jpg

 これをどう料理しようかは、落札前から考えていたところですが、カセットのロックリングと**-12-**-14-15-17-19-21-24-28のうちワンセットになっているインナー3枚を使い、CS-5700の12-19Tをはめ込むという計画です。これで矢島カップ並みの坂も少しは楽に上れるかも。
DSCN5448_g2.jpg

 ホイールの話よりもカセットスプロケットの話が多くなってしまいましたが、ブルベの際に撮った写真などを良く見てみると、トリプルのクランクを装備している方も見受けられました。たぶん皆さん長く走るうちに、自分に合ったクランクやカセットを選択しているのだろうなと感じさせたれました。とりあえず次は28Tで走ってみます。たぶん大丈夫だとは思うのですが、それでも不足する場合はフロントトリプルで・・・。かなりの出費も覚悟しなくては・・・(^_^; またいずれかの機会に、硬いフルクラレーZEROでも走ってみたいと思います。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2014/07/03 20:03 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)