チャレンジデー2015

 BRM606宇都宮のコースイメージをしながら毎晩過ごしていますが、今夜のローラーは理由があります。市のHPによると、本日のチャレンジデーは午前0時から午後9時までの間に、15分間以上継続して何らかの運動やスポーツをした住民の『参加率(%)』を競い合うイベントのようです。2回目の昨年度は対戦相手の愛知県碧南市に敗れたようで、3回目の参加となる今年は、是非とも勝利を・・・、と頑張っているようです。今年の対戦相手は、友好交流都市協定を締結し、交流のある神奈川県座間市。
http://www.city.daisen.akita.jp/docs/2015031000026/

少しでも足しになればと、夕飯後のお腹の落ち着いた7時に作戦決行。昨夜もローラーに乗っているので、30分程で勘弁願いました(^_^;
頑張れ~~、大仙市!! って、真剣なのは俺だけか。家族は無関心、テレビを見ながら大笑いしているしorz

 今日の距離:21.0km(毎晩汗を流せるローラーで絶好調(^^)v)
 今月の距離:537.1km(明日から出張、2日乗れないorz)
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2015/05/27 20:29 ] 自転車 | TB(0) | CM(3)
スポンサーサイト

30Tのシェイクダウン

 かねてからその使い方を検討したいましたTiagraの30Tですが、5月24日の朝練でデビューさせ、あったか山の奥、県道12号で黒森山中腹の潟尻第二ため池まで上ってきました。(頂上まで行かなかったの?と言う質問はナシで(^_^;)
DSCN6862_katajiri2.jpg

 結論から言うと、「苦しいときの神頼み」効果は確かに感じられます。7月末のヒルクライム大会「矢島カップ」に向けた練習コースとして、以前から使っているこのコースですが、去年のデータと比較してもまだ足が出来ていない5月にしては、そこそこのタイムでした。もう一枚欲しいときに使える30Tは、ケイデンスを保つ意味からも大きな戦力になり得るものと思います。ケイデンスで上れることから足への負担も少ないような気がします。
 残りの練習時間は少ないですが、獲得標高5600mにもなる次の400km宇都宮ブルベに向けて、次の週末に頂上まで上ってみるつもりです。それにしても宇都宮のコースは怖いほどの獲得標高です。怖い反面、今からワクワクしてます(^_^;

 5/24の距離:41.7km(相変わらず上りに弱いorz)
 今晩の距離:21.9km(実走より汗を流せるローラー(^^)v)
 今月の距離:516.1km(ブルべのおかげで順調に伸びてます(^_^;)
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2015/05/26 21:08 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

畑仕事

 休みのたびに自転車で出かけていると、夫婦関係にチェーンルーブを差さないといけないほどギスギスしてきますので、意を決して畑仕事の一日でした。
DSCN6811_befor.jpg

 早朝に残った畝2本にマルチをかけて畑の準備をしておきます。朝食後、近くの苗農家の玄関先に野菜苗を買いに行きます。毎年お世話になっている農家で、地元に方々にも評判の良い、元気な苗を作っている農家です。昨日から苗販売を行っているとの情報でしたが、皮の柔らかいミニトマトなどは既に売り切れでした。
 トマト、ミニトマト、ピーマン、シシトウ、キュウリ、ナス、サンチェ、カボチャ、ゴーヤ、ズッキーニを買ってきました。
DSCN6841_after.jpg

 風よけに筒状に上下を開いた肥料袋をかぶせ定植完了。
 夕方に畑仕事も終わったので、RR585+アルテのタイヤ交換と30Tへのカセット交換を行いました。CS4600は1mmのスペーサーが不要な造りになっておいるようで外します。
DSCN6845_space.jpg

 また、105やアルテの場合は、奥の3枚が一体式になっていますが、tiagraは奥7枚が合体。しかも決して上品と言えないようなギラギラしたクロームメッキorz。価格相応の質感ですね。計測しなかったものの明らかに重いし。
DSCN6847_tiagra.jpg

 装着してみればそれなりに見えます(^_^; それよりも30Tの効果を試してみたい。夕食後に試走に・・・、と行きたかったところでしたが、畑仕事で足腰が・・・orz。今週末まで黒森山の上りはお預けですね。
DSCN6849soutyaku.jpg
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2015/05/17 20:43 ] 野菜畑 | TB(0) | CM(0)

ブルベのリザルト

 4月のBRM419宮城200kmのリザルトがAJのサイトに載っていました。急いで帰ってきたのでゴール時間が定かで無かったのですが・・・、10時間を切っていませんでした(^_^; どうせならもう少し寄り道すれば良かったのにと、後悔頻りorz
 それでも他の参加者はどうだったのかと、大いに気になり楽しく眺めています。もちろん完走を喜びながら、次の400に向けてモチベーションの維持にも少しは足しになるかもv(^^)
AJのサイト http://www.audax-japan.org/BRM-calendar.html
BRM419宮城のリザルト http://www.audax-japan.org/Results/2015/BRM419-Miyagi-200km-AJ.xls

 モチベーション維持のもう一つの方法、夜のローラーv(^^)

 今日の距離:17.6km(次に向けて、ようやく練習再開(^^))
 今月の距離:430.3km(週末は畑仕事が待っているorz)
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2015/05/15 21:03 ] 自転車 | TB(0) | CM(2)

BRM509宮城300km物見山、完走

 今回のブルベは去年の秋、9月7日とほぼ一緒のコースでしたが、季節の違いや復興の進み具合など、秋とは違った顔の景色で迎えてくれました。9時間20分ほどで完走してきました。スタッフの皆様、参加された皆様から声を掛けて頂き楽しく走ることが出来ましたことに、心から御礼申し上げますm(_ _)m

 前日の夕方までにすべて積み込みも含めて準備が整っていたことから、前の夜はビールで景気付けをし午後9時には就寝。午前2時までの5時間熟睡できました。出発しようと飲み物を取りにキッチンへ行ったところ、温かい家族の応援メッセージがあり力を貰いました。
DSCN6792_ouen.jpg

 あ・ら・伊達な道の駅までは、湯沢から鬼首峠を越えるR108で2時間弱の距離ですので、近くのコンビニで朝食を買い込み、おにぎりを頬張りながら会場をめざします。地方の3桁国道、しかも峠越えとあって交通量はごく僅か。実質1時間50分ほどで到着し、ブリーフィングまでは余裕の時間でした。
 前回も様々な話をさせて頂いたUttakeさんはじめ、スタッフ、知り合いの皆さんと朝の挨拶を交わします。
DSCN6795_start.jpg

 去年は午前6時スタートでしたので、PC1近くの厳美渓にある空飛ぶ「郭公だんご(かっこうだんご)」が食えるのではないかと期待したのでしたが、営業時間前で敢え無く断念。今年はスタートが更に1時間早かったので、寄りもしませんでした。厳美渓の次は達谷窟(たっこくのいわや)、コース定番のポイントです。民家の芝桜が綺麗だったので
そそり立つ岩壁に刻まれた磨崖仏(まがいぶつ)に花を添えた写真にしてみました。
DSCN6798_takkoku.jpg

 毛越寺も同様に朝早い時間で、地元の方が犬の散歩に歩いている状況で、遠目に写真を撮り先を急ぎます。
DSCN6801_moutuuji.jpg

 平泉からは岩手県の内陸部と沿岸部を隔てる丘陵地帯の裾野、県道14号のアップダウンを踏破しながら江差へ向けて北上します。去年は稲刈りシーズンの少し前という時期で、黄金色に染まった田園を高台から眺め進んだわけですが、今年は田植えの初期。新緑の中、田植えが終わるとひとつひとつの田んぼが集まり、巨大なダム出現と言った景観を提供してくれる場所となるはずです。月夜に走ったら幻想的だと思ったのは私だけでないはず、と言うほどの景色でした。感動的で、様々な空想をしていたので写真はありません(^_^;(次回は必ず)

 PC2はタイトルにもある物見山への登坂前にあります。去年の連続ブルベで前日の200kmで気力も体力もお尻の皮も使い果たした私が、DNFしようか30分間も悩んで場所です。単独ブルベだと前年に比べ順調すぎるほど、気力も体力もお尻もokでした。むしろ、キツイのは物見山を越えた住田町から大船渡市へ越える峠。あれっ、こんな上りが有ったっけ?と思わせながらも、進めば何やら見覚えが・・・。とはいうものの、下り始めると有りがたくない向かい風。折角の位置エネルギーがスポイルされてしまうほどの風邪に悩まされました。

 R宮城のHPでホタテバーガーやさんまラーメンの紹介記事があり、頭の隅には入っていたのですが、去年と同様にPC3に到着したらカップ麺が食べたくなってしまい、事前情報はすっかり記憶の彼方。体力低下は思考能力も大幅に低下させるのですね(普段からかなり低いという話は内緒です(^_^;)
 ここでUttakeさんから、「明日はマラソン」との話を聞いてびっくり仰天。足を温存するようにゆっくり走るか、早く走りきって帰ってゆっくりするか悩んでいたようでしたが、如何だったでしょうか? 50過ぎてからの体の故障は回復までに要する時間が長いので、無理はしないで貰いたいのですが・・・。私ですか?絶対そんなことは出来ません(^_^;
 ノコギリの歯のようなギザギザの三陸海岸をアップダウンもこなしながらPC4に向けて南下します。陸前高田市は海に近いこともあり、道の駅なども津波被災当時の姿です。奇跡の一本松も遠目で見てきました(貧脚のため近くまで行くと時間が・・・。)
DSCN6804_matu.jpg

 道の駅大谷海岸で水補給を兼ねてトイレタイム。スタートで投入したシャーミークリームはここでの再投入と併せて計2回。尻の皮も厚くなったモノだと、妙なところに一人で感慨にふける。次のPC4までは60kmほど、何も考えずにペダルを回し続けた・・・、そんな記憶しか有りません。
DSCN6805_ootani.jpg

 去年は真っ暗な中で辿り着いたPC4でしたが、今年は予定よりも1時間早く着き貯金も3時間という状況でした。足が出来上がってきたのかと勘違いするほどでしたが、スタートが1時間早いし、日没時間が秋に比べ1時間近く遅いことに依るものだと気づくまで何やら得した気分(^_^;。しかしここ迄来て残り75キロで小雨模様になってしまいました。予報を信用するならば、大雨にならないであろう事は確かでしたが、断続的にポツポツと降ってきてしまい、この先20kmは雨とのお付き合いでした。何があるか判らないブルベに備えてウインドブレーカーへ吹きかけていた防水スプレーが見事に効果を発揮してくれました。
 登米市内に入ってからは雨が上がると同時に、日没の午後6時40分を迎え、気温も下がりだしてきます。ここら辺から残りをご一緒させて貰ったハイパーさん と二人での走行となりました。伊豆沼の近くをとおり、栗原市へ。市役所近くの三叉路にある、ファミマで水補給を行い、残り20km、ゴールをめざしてgo!!
 ゴールへ8kmの所まで進み、エネルギー切れにより何か甘い物が欲しくなって自販機休憩。ハイパーさんと暖かいモノで和みましたv(^^)。そうこうしているうちに後続の方2名が来て合流しゴールをめざします。この調子だと少しずつ離されても背中が見える範囲で前走者に続き、4時間の貯金を残して余裕のゴールと思いきや・・・。

 最後の最後に落とし穴が・・・、本当の穴に填まったわけではありませんが、ゴールの1キロほど手前の下っている途中、前輪のグリップに違和感が・・・。止まって確認すると前輪タイヤのの空気圧が異常に下がっていました。走れるところまで行って、無理なら修理せず徒歩でと言う判断をしました。R47手前の踏切手前で走行を断念。残り700mは押して進み、徒歩でのゴールとなりましたorz。徒歩のぶん20分ほどの掛かり増しになりましたが、無事にゴールできました。ブルベ初のパンクに一時気持ちが舞い上がりましたが、これもまた経験、パンク修理して乗ってゴールすれば良かったのかな(^_^; ゴールではハイパーさんが心配して待っていてくれました。thanxでしたm(_ _)m
 今回はブルベにおける様々なシーンで状況を判断し自らの責任と計画の中で進めなければならないことや、相変わらず上りに弱い我が身を振り返り収穫の多いブルベでした。来月の400kmに向けて精進します。

 帰りは残る体力を振り絞ってR108を北上。と言っても30分ほどで力尽き、鬼首除雪センターの駐車場で仮眠が笑うほどの熟睡。午後10時半には寝落ちし、いつもの起床時間午前5時40分まで爆睡。朝日が眩しくて目が覚めました。

 5/9の距離:303.2km(最後のパンクも含め楽しいブルベでしたv(^^))
 今月の距離:412.7km(BRM606に向けて、精進が必要orz)
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2015/05/11 19:57 ] 自転車 | TB(0) | CM(8)

DNFもok?

 ここ数年JR等の輪行条件が厳しくなってきていると聞いていたので、ギリギリ収まるTIOGAのCOCOONから 前後輪外すコンパクトタイプのロード ポッドを準備していました。どうせDNFしないし!と強がって梱包の練習もしていませんでしたが、7月の600km対策として練習だけはしなければと言う事で連休最終日、9日の300kmの準備と合わせてやってみました。
 練習と言う事でバッグ類が何も無い状態です。
DSCN6764_start.jpg

 自転車をひっくり返して、両輪を外す。リアのエンド金具を取り付ける。チェーンにカバーを掛ける。サドルとエンド金具で自立させる。両側からホイールで本体を挟み4箇所で縛る。バランスを考えて組み立てると、安定して自立してくれますv(^^)。
DSCN6779_tie.jpg

 広げたバッグの上に立たせ、両側からファスナーを閉める。途中、肩掛け紐を通す。前輪しか外さない前のコクーンに比べ驚くほどコンパクト!! これでDNFしても怖いものなし・・・、出来れば使いたくないですが(^_^;
DSCN6782_pack.jpg

 予行練習も大成功に終わり、サドルバッグの装着やハンドル周りもブルベ仕様に準備万端。と言っても前の200kmと変わったところは、乗り心地を優先してホイールをフルクラレーzeroからRR585+アルテに換えただけです。
DSCN6785_wheel.jpg

 ブルベの本番前3日間は練習せず、体力温存に努める事にしています。と言う事で夕方から東屋で焼肉!!炭火焼きなので、安めの肉でも1.5倍ほど味がアップするのは気のせいでしょうか?椎茸とアスパラガスもとんでもなく美味しく頂きましたv(^^)v
DSCN6790_yakiniku.jpg

 今日の距離:00.0km(300の準備完了!!)
 今月の距離:109.5km(焼肉でエネルギー蓄積v(^^)
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2015/05/06 20:22 ] 自転車 | TB(0) | CM(2)

てくてくウオーキングin おおた

 数日前に運動不足解消にと女房が申し込んでいたようです(相談したら、「良いよ」と言ったそうなのですが、当の本人は全く記憶ナシorz)
 しかも連休中の天気予報と9日の300km本番までのスケジュールを考えると、走れるのは3日が絶好のタイミングと思っていたので・・・。ハメられたと思っても仕方がないので、気持ちよく参加してきました。奥羽山荘が集合、受付、出発の日程になっており、9時に大台スキー場をめざして出発です。そのコースも自転車で数回走った事のある道路だったので、新鮮みは無い反面、距離や大凡の勾配などは知っていたので、得意げに女房に解説(^_^;
 スキー場の直前に、見事満開に咲いた「黄桜」並木があり、ウオーキングに花を添えてくれます。4月29日 に寄ったときはまだ三分咲きでしたが、満開に合わせて「黄桜まつり」が開催されていて大賑わいでした。例年の気候であれば桜が満開の時期ですが、雪消えが早かった今年は桜事情も時期がズレているようです。
DSCN6738_kizakura.jpg

 スキー場の管理棟横で第一休憩ポイント。麦茶と飴を貰うとともに、大仙市太田町のご当地キャラ『ささ太』くんが出迎えてくれました。あまりの好天に、さぞ暑いだろうと気の毒に思ったのは私ひとりでないはず・・・、お疲れ様m(_ _)m
ささ太くんは、県指定無形民俗文化財に指定されている『国見ささら』や市指定無形文化財に指定されている『横沢ささら』のイメージキャラクターだそうです・・・、知らなかった(^_^;
DSCN6739_sasata.jpg

 スキー場内は、細いコンクリート道路で、蛇行しているものの、スキー場らしく所々かなりの傾斜です。日当たりが良く早くもワラビが採れるほどになっていました。
DSCN6745_warabi.jpg

 出発から5km、スキー場の頂上展望台に到着。ここからの仙北平野の眺めは多くのテレビや写真で紹介されている場所で、典型的な「散居村」の集落形態を見る事が出来ます。
また今日はハンググライダー乗りの方々が多くいて、飛行準備中でした。
DSCN6754_tyoujou.jpg

 帰りは転んで怪我をしないようゆっくりと下り、お祭りの出店で買い食いをし、無事に出発点に帰還。三時間半のグッドなハイキングでした。

 午後は十分な昼寝のあと、お気に入りの国体コースへ繰り出しました。道路の開通状況調査も含めて、あったか山の奥、潟尻第一ため池をめざして少しコースを外れます。例年のH鋼で通行止めされている箇所は、相変わらず通行止めの看板は出ているものの、車一台分開いており、走れる状態でした。出場するか悩んでいる矢島カップですが、それとは別に足の出来具合を計る黒森コースですので、400、600kmブルベに向けても、数回走る予定です。
DSCN6758_kataj1.jpg

 国体コースに戻り、いつもの真昼山を望むリンゴ山。リンゴの白い花が満開でした。
DSCN6761_ringoy.jpg

 今日の距離:55.2km(ハイキングの疲れかパワー不足)
 今月の距離:82.5km(300kmブルベに向けて、無理は禁物(^_^;)
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2015/05/03 22:01 ] 日々 | TB(0) | CM(2)

禁断の30T

 昨年の400kmブルベで自らの貧脚度を嫌と言うほど認識して以来、どのタイミングで購入しようか、使おうかと悩んでいました。で、ついに行きつけの「サイクルショップたなか」で買って来ました。「試しに」という言い訳や、長くは使うつもりがないという建て前の元に、リーズナブルなTiagraグレードのCS4600 12-30Tを使ってみます(^_^;
DSCN6641_CS4600.jpg

 昨年のBRM621宮城400鳥海高原に出走の際に、平場を160km走ってから上る鳥海ブルーラインの10%勾配は、心も足もすっかり使い果たしてくれるコースでした。更にその後待ち受ける鳥海高原は・・・(T_T)
 確かにRR585+アルテハブに付けてあった11-25Tでそのまま出てしまった、私の確認不足が一番の理由なのですが、今考えるだけでも心が折れそうです。
 その後のブルベは、すべて11-28Tのアルテや105を使っていましたが、SRを狙うため参加する未踏の宇都宮ブルベやBRM718宮城600フラット栗駒石巻の為に・・・、いつデビューさせようか、楽しみながら悩んでいます。

 連休明けの300km物見山は昨年の秋とは違った表情で迎えてくれるモノと信じて、今晩もローラーで一汗。えっ、誰ですか、後半の6時間は暗闇だろ!って言う人は(゚-゚;)オロオロ(;゚-゚)
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2015/05/01 20:10 ] 自転車 | TB(0) | CM(5)