BRM918は残念ながらDNF

 今年初めての200kmブルベで、福島県をメインとした山岳コースを走ってきました。厳密に言うと福島、山形、宮城を通って福島へ戻るコースです。BRM918宮城200km「磐梯吾妻クラシック」、 ドMな方がコースを設計した山岳ブルベです。獲得標高が3900mと富士山を越える数値になってますorz。


 結果は表題のとおりですが、是非これ以降は違う呼び方で表現させて頂きたい。認定外完走(タイムオーバー)と・・・orz。以下は、自宅へ帰るまでの顛末です。

 今回のブルベは、福島市のスタート・ゴールで自宅から遠く往復が退屈な事と、福島市内まで近く、女房を同行させても退屈せず時間を潰せる場所がある事から、初のナビゲーター同乗での参加行程となりました。結果的に女房殿は知らない街でブラブラ出来て、適度なストレス発散にはなったようです。必要時間をそのまま逆算し自宅を出た結果、時間的にあまりに丁度で、合羽の準備やら想定外の装備にも手間がかかり、ブリーフィングもギリギリセーフな程でした(写真も撮れない程 orz)。
 出発してしまえばこっちのモノ、雨交じりのあいにくの天気ですが知らない土地を走るのは何時もワクワク感たっぷりでテンションが上がってきます。今回は上りに苦労するであろう事を覚悟していたブルベでしたが、怖いもの知らずなのか少しは写真を撮りながら進みます。スタートから僅か8km程で上りに入ります。SP1有人チェックポイントの16km地点まで平均斜度8.5%の坂が参加者を歓迎してくれます。ハイパーさんと前後しながら、無理をしないようにと心に言い聞かせ進みます。SP1少々前にある「磐梯朝日国立公園」の看板。ご覧のとおりモヤで絶景は望めませんでした。
DSCN9502_bandaiasahi.jpg

 SP1は7:22に通過。スタッフに「順調ですよ」と声をかけられて、始めの大ボス、1622mの頂上を目ざし、ただひたすらクルクルと・・・。途中の道路に書かれている標高表示が、適度な目標と頑張ったご褒美のように見えてくるのは、きっと疲れが出てきている証拠でしょう(^_^;
DSCN9504_1000m.jpg

 天気が良ければ絶景が眺めるであろう、つばくろ谷にかかる不動沢橋。他の参加者と天気を恨みながら、とりあえず写真だけでも・・・。
DSCN9505_tubakuro.jpg

 磐梯吾妻スカイラインを順調に進みますが、途中に自家用車対策なのでしょうが、「駐停車禁止」、「窓を閉めて走行」など、有毒ガス対策の看板が多く見かけました。生身の人間が息を切らせんがら、自転車で走る場合はどうなのよ、と聞きたくなるところもありましたが、思いのほか臭気は感じませんでした。スタートから3時間、ようやく登山客がゾロゾロ歩く「浄土平」へ到着。今写真で見ると、看板の右足に乗っている反射ベストは・・・、誰の???
DSCN9516_joudo.jpg

 更に進む事数キロ、待望の大ボス制覇の時が訪れます。確かに道幅も少なく見通しも悪い事から自転車を横たえての写真は無理ですね。
DSCN9517_1622m.jpg

 後は下る一方で次のSP2コンビニの後、米沢へ抜ける中ボス、西吾妻スカイバレーへ進むだけと思っていたら・・・、中で待ち受けていた磐梯吾妻レークラインを気に留めていませんでした。思いの外ここで苦戦してしまい、SP2レシート時間が11:01。
 ここのコンビニは、昨年の宇都宮400kmブルベでも立ち寄ったPCにもなった店で、体調不良によりここでDNFの決断をした因縁の場所です。今回の到着で厄は祓われたモノと勝手に解釈し、水の補給と腹ごしらえをして、順調な旨を女房にメールし、いざ中ボスへ。私の脚力を考えると、既にギリギリな時間だった事にもっと早く気づくべきだったのでしょうが・・・ orz。
 中ボス、西吾妻スカイバレーに最高点の道路ペイントは無く(見落としか??)、脚力の限界手前まで出し切り登ります。良く悩ませられる足の痙攣が今回は無かったので、数少ないラッキーな点であると思っています。サプリメントの効果か?
 下り道に入り、木の陰で綺麗に流れる落ちる滝を撮っていると、猛スピードで下っていく他の参加者が数名。カメラを急いで仕舞い、追従します。この時点で13:15という事をもっと意識して走っていれば・・・。
DSCN9522_taki.jpg

 下りが落ち着いて米沢市内に入り民家が多くなって、ようやくここで時間を心配する事になりましたが、時既に遅く・・・。制限時間の10分前になって焦っても、出来る事は僅か。PC1の水窪ダム管理所が何処なのか・・・、事前の調査も不足していました。PC直前にあれほどの上り坂があったとは・・・orz。10分のタイムオーバーで、今回のブルベは終わりました。
DSCN9524_pc1.jpg

 自宅に帰るまでがブルベと良く言われるように、DNFの後の大仕事が、この後のエスケープ方法を考え安全に確実に実行する事です。僅か10分の遅れなので、このままコースを進んでも制限時間内には走れそうなコース設定だったので、スタッフに相談しました。同様の考えでしたので、後は気楽に走るだけです。私の直後に到着した方は、足を削られる「ブドウマツタケライン」を回避しR13を迂回するコースでPC2の高畑まで進み、後はコースどおりに進むというので道案内を頼み同行させて貰いました。
 15:25に到着したPC2の高畑では、まだ多くの参加者が休んでいました。水と食糧を補給して、制限時間の15:36まで休み、最後尾を確認して出発します。気落ちしていたのか、DNF後の写真はありませんorz
 R399通行止めのために迂回した「鳩峰峠」。中々の旧道ぶりで、歴史を感じる峠でした。短く急な坂を越えると、R399へ出ます。進むと右手に広がる「茂庭湖」、段々暗くなり風景を楽しむ時間では無くなりますが、規模の大きさは感じる事が出来ました。
 下りが終わり、飯坂温泉近くまで進むと前に参加者が。乗車姿勢に特徴がある伝説のK関さん。ブルベのたびに拝見していますが、あのオーディナリーで山岳ブルベを・・・。今までに走ってきたコースを考えると、尊敬や憧れを越して、まさに驚異の世界です。結局、途中で合流した方を含め3人でゴールとなりました。勿論私は既にDNF確定ですが、ありがたい事に、スタッフの方がゴール時間17時17分!!と宣言してくれました。多くのスタッフの皆様のおかげで、DNFとは言うものの、楽しく、感動的に走れた事に心から感謝します。リベンジは・・・、当面考えない事にします(^_^;
 待たせた女房と「極楽湯」で落ち合い、入浴後、食事、仮眠を取って帰路につきました。今年のブルベは2回のDNFを経験しましたが、気力が萎えて終わった600kmも含めて、それぞれ良い経験をさせて貰いました。
 自宅到着が夜が白み始めた午前4時半。最低限必要なものを降ろすために玄関前にいると、新聞配達員が・・・。
 車での往復走行距離582km、燃費18.8km/リットル。持ち帰ったブルベカードで付箋を貼って記録を作成。これを励みに、次も頑張ろうと思います。
DSCN9529_card.jpg

 楽しく走らせて貰った、スタッフの皆さんに心から感謝します。
 18日の距離:208.1km、今月の距離:577.4km
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2016/09/20 19:14 ] 自転車 | TB(0) | CM(6)
スポンサーサイト

センチュリー+自走参加=満足度大!

 9月11日(日)に開催された秋田県センチュリーラン大会(2016行ってクール・ド田沢湖)に、2年ぶりに参加してきました。少しずつ涼しくなってくる時期ですが、そこそこ涼しいのは朝方まで、当日の最高気温は28℃まで上がったようです。
 前日の10日土曜日には、出場準備として久々に消耗品の交換をしながら、チェーンとカセットギアの大掃除も併せて行い万端の準備を整えます。まずはタイヤ。8日にローラー練習の後タイヤをチェックしたら・・・、ヤバイものを見てしまったような。カラータイヤの宿命でしょうか、見事に捲れだしていました。8月20日の400kmブルベで支障が出なくて良かったと、神様に感謝した事は言うまでもありません。
DSCN9424_mekure.jpg

交換するタイヤは、一部では練習用タイヤとしてそこそこの評判のIRC JETTY Plus。コストパフォーマンスに優れ、無理をしない・脚力もない私には悪くない選択かと思い購入していたタイヤです。続いてバーテープ。6月19日のブルベで朝方に転倒して以来、そのままでした。気分を一新するために、白の次は「赤」v(^^)、めでたく紅白を使い分けるのも良いかと。
DSCN9428_koukan.jpg

 で、当日は来週のBRM918宮城200km 磐梯吾妻クラシック に向けて足慣らしの意味も含め、大曲から自走で参加してみました。8/11の朝練 で会場までの距離と所要時間を把握していたので、自宅出発が4時20分。ライト2灯とヘッドランプで装備の上暗い中を出発です。(大好きな非日常感v(^^))
DSCN9439_jitaku.jpg

 出発から17km程で、センチュリーのコースに合流します。刈和野橋を越えた田村商店の前で、夜明け前の朝食です。自販機の数とベンチがお気に入りです。
DSCN9440_tmura.jpg

 会場には予定より5分程早く着きました。受付を済ませデイパックを預かって貰い、ぼ~~っとしていると、突然 sorapapaさんから声を掛けて頂きました。2014年にオダックス埼玉が開催した秋田県内を走るBRM914埼玉300kmに出場して以来の再会でした。(突然で言葉が足りず失礼しましたm(_ _)m) その後、ダイジョブチームのtakaさん、Okaさんとご挨拶。段々ボルテージが上がってきます。
DSCN9445_kaikai.jpg

 開会式が終わり、いよいよスタート。トリップメーターが0でないのはご愛敬です。
DSCN9447_Start.jpg

 ファーストエイド(?)での漬物キュウリは絶品でした。誰かが言ってたように、ビールがあれば皆が戻ってくるまでそこで宴会が始まりそうな程の盛り上がりよう・・・、ご馳走様でした、又来年もお願いしますm(_ _)m
DSCN9449_kariwa.jpg

 角館を過ぎ、西木のローソンでおやつ休憩中にOkaさんが快調に飛ばしていきました。マイペースで田沢湖に向けて北上しますが、R105の潟野から右折した県道が中々の嫌らしい上り。無理せず軽いギアでクルクルと辰子姫を目ざします。天気が良かったお陰で写真的にはokですが、どれだけ水を飲んだ事やら。
DSCN9451_tatuko.jpg

 田沢湖を半周してチェックポイント。木陰での休憩とバナナ、チョコレートはgoodでした。
DSCN9454_tazawako.jpg

 折り返して湖畔を進むと、夏向きの風景が飛び込んできました。まさに避暑地の湖畔を思わせる風景に写真を1枚。涼やかな日陰に入りビールでも飲んだらどれほど良いだろうかという妄想を払拭して、先へと進みます。
DSCN9458_tazawako2.jpg

 角館のチェックポイントではババヘラアイスがあまりに美味しかったので、写真を撮るのも忘れてしまいましたorz。残り50km!を励みにゴールを目ざします。朝の第1エイドで再びキュウリの漬物をごちそうになりました。ここで、山形から参加のリカンベント乗りの方と話しをさせて頂きました。そう言われてみれば、ランドヌール宮城主催のブルベでもお目にかかった事があるような・・・。そちらでも又宜しくですm(_ _)m
 西仙北インターチェンジの上り、秋田市境界までの上り、空港前の上りと盛りだくさんの上りを超えていよいよゴールです。豚汁とおにぎりが空きっ腹に染み入ります。メーターは197kmを示していました。
DSCN9467_goal.jpg

 残るは自宅までの40km。無理せず安全にセンチュリーの往路を進みます。簗場から左折し県道に出てからは、ゴールを目ざす多くの参加者とすれ違いました。「お疲れ様!」と声をかけながら北上します。自宅には予定時間ジャスト、2時間で到着。
楽しいライドを提供してくれた、秋田県サイクリング協会スタッフの皆さんに心から感謝します。

 18日のブルベ準備はコレで完璧(??)と自分に言い聞かせ・・・orz
 11日の距離:237.3km、今月の距離:347.7km
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2016/09/13 09:18 ] 自転車 | TB(0) | CM(8)

ヘルメットの新調

 今使っているOGK KABUTOのREDIMOSから3年ぶりのヘルメット更新です。REDIMOSの内装パーツの部品注文を手配しておりましたが、生産完了品に付き・・・、部品がなかなか届きません。
メーカー推奨の使用期間が3年程だという記載を見つけ、痺れを切らしてコイツを注文しました。
 同じKABUTOのSTEAIR インパクトホワイトです。単調な白よりも配色としてはコチラに惹かれましたが、結構良くないですか?
DSCN9382_met.jpg

 しかもオジさん向けの3年防臭仕様v(^^)v 完璧とは行かないでしょうが、少しは気休めになるかも。特に長距離を走るブルベでの使用を主眼においてますので、自分でも感じるあの臭さ対策に少しは貢献出来るかもですね。
DSCN9407_3year.jpg

 ついでに一緒に買ったのが、ビンディングシューズのインソール。先のブルベでも300kmを越えたあたりから足の裏(拇指球と小指球の間全面)が痛くなり、シューズを脱いで10分程度休まなければならない程でした。購入したインソールはその部分と踵にゲル状の緩衝素材が組み入れられており期待が持てそうです。
DSCN9401_insole.jpg

 来週のセンチュリー(2016行ってクール・ド田沢湖(第31回秋田県センチュリーラン大会)) でその効果を確かめたいと思います。でも160kmで体感出来るかどうか・・・orz

 連日の暑さに夜のローラー練習も取りかかるまでが大変で・・・。
 今日の距離:18.9km、今月の距離:90.5km
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2016/09/06 20:50 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)