センチュリーラン秋田大会(詳細及び課題)

 開催前夜から多少の興奮で、なかなか深い眠りをすることが出来ませんでした。そんなドキドキ感がレースとか大会の原動力というか、止められない理由なんでしょうね。(まるで小学生のようだと女房に笑われてます(^_^;)

 朝4時半には起床し荷物の最終確認。バイクや工具、予備部品等は前夜に車に積み込んでいたので、ウエアーを最終的に選び、着替えをし午前5時出発!! 距離的には40kmほどなので、早朝と言うこともあり所要時間40分、早っ。第4駐車場の去年と同じ手前から3台目の場所が空いていたので車を止めて、バイクの組み立て。受付を終えたらおにぎりとパン、バナナで朝食。かなりのボリュームにちょっと食い過ぎだろうかと思ったが、あの暑さでは結果的にOK。

 ウオーミングアップをしようかと考えたが、例年どおりスタート直後は皆さん全くのサイクリング速度でしか走らなかったので、それで十分かと思い全くのアップ無し(^_^;
開会式会場に並び皆さんのバイク観察。おぉ~、高級車!と思われるバイクがあちこちに。それを見ると次期バイクが欲しくなってしまう(T_T)


 いろんな大会やレースに出て、高級車を見るたびに「今に見ていろ俺だって」という台詞を言いたくなるが、うちに帰ればそうでもなくなる。大会やレースの結果を冷静に見ると、まだdefy3のアルミフレームで十分だよな~~と納得してしまう自分。でも今年で丸4年。1万キロが目前となった今、更新しても良い時期なのだろうか?誰か教えてくれー(定番で欲しいときが買い時!と突っ込まれそうです)
 実は候補があるんです。kuotaのkuraro。http://www.kuota.it/preview2013.php#KURARO 、これを円高のうちに(今年の秋頃には)ベラチスポーツで・・・ 英語はどうするんだと言われそうですが・・・ http://www.bellatisport.com/shop/category/34/product/723/Kuota_Kebel_2012.html 現行のkebelと同じフレーム価格だそうで、kuraro+アルテ+キシリウムSLで25-27万円ほどの予算で考えています。国際通販になるので、言葉やら品質管理やら心配したらキリがないので、心配しないことにしていますが、どうなる事やら。誰か背中を押してくれ~~(^_^; イザその方向に向かったら、その都度ブログにアップしますのでv(^^)v皆さんからアドバイスを頂けたら嬉しいです。

 話題を、センチュリーランに戻して(^_^;、行きは抑え気味だったせいか、水の補給タイミングも含め極めて順調。刈和野ADで頂いたキュウリとトマト、この夏最高の一品でした。乾いた体にみずみずしい野菜がしみ込んでいくようでした。その後は西木町地内のかたくり館で水を補給し、一気に潟野から田沢湖へ。湖畔で写真を撮りながら3時間ほどで田沢湖CPに到着。

おぉ~~順調、もしかして往復6時間も夢じゃない、かも。

 田沢湖CPでバナナを頂き、水を補給し多少の休憩後、午前10時30分、イザ帰路へ。ところがこれ以降、思いも寄らない暑さになろうとは、湖畔の木陰を走っているうちは気づきませんでした。辰子像の潟前から一気に下りますが、途中往路の参加者と多くすれ違いました。その都度、「もう少しですよ!」と声をかけましたが、手を挙げて応えて貰って、こちらまで元気を貰ったようでした。

 仙北市西木庁舎前のR105は我慢のしどころ。かなり気温も上がり、疲れも少しずつ出てきます。後ろを走っていて超していった方が「引きますよ」と声かけてくれましたが、自分のスピードと脚力では付いて行けそうになかったので、ご遠慮申し上げました(^_^;

 角館の武家屋敷CPでキュウリ漬けと饅頭を頂き、水を補給し早々に出発。駅前通の立町大置山を確認、まだ骨組みだけ。7日からのお祭りが楽しみ・・・ って、今日じゃないか。仕事も忙しかったし明日にしよう。明日の早朝に早起きが出来れば、早朝ポタとしゃれ込みますか

 で、角館からの残り50kmが何か潜んでいるイヤな予感がありましたが、土川地区を走行中、遠くの前方に参加者を発見。少しでも近づこうと少しの登りで踏ん張ったら、左膝から太ももにかけて何やら不快な違和感。そこには力を入れてないよと言いたくなるが、よく見ると勝手に筋肉が・・・ 去年より早く来てしまった(T_T) 一旦降車し、あの炎天下のなかでストレッチと水でクールダウン。どうにか痙攣は治まったものの、メータを見るとまだ40kmもある。取りあえず無理をせず、刈和野ADまでを目標に。ADでは帰りもキュウリをごちそうになり、水も補給し多少の休憩を取りました。確か去年はここでカメラを回しwebに上げていたような・・・ 聞いてみたら今年はやっていないとかorz

 痙攣の心配を完全に払拭出来ないなかで、帰りの登り第一弾。西仙北IC横の登り。昨年の痙攣はここからで、イヤな場所でしたが、どうにか低めのギアでクリアー。ケイデンスを上げ回転を意識したペダリングを心がけました。去年は数回降車し休んで登った記憶がありましたが、今年はどうよ!! 矢島カップに向けた回転系のペダリングを意識したせいか一回も降りて休むことなく登り切りましたv(^^)v 矢島カップに向けた練習の成果がここで発揮出来るなんて、思いがけない隠れた実力に我ながら驚きました。これに気を良くして、高ケイデンスで進み、空港手前の登りも左足の痙攣を気にすることなく、休まず一気に登れました。

 ゴール時間は13:53、所要時間は6時間50分、去年よりも10分短縮(^_^)v メータ読みでの走行時間は5時間58分v(^^)v去年より20分短縮。

 課題は・・・ 多数orz、特にトレインを組んでの走行は、慣れというか練習次第だと思うので・・・ でも一人でも練習出来ないし(T_T) 誰か教えて~~。
 ゴール後の記念写真はなかなか良く、これだけでも良い記念になります(^_^;

 おにぎりと豚汁も絶品(^_^)v どんなに暑い中でも熱さに負けず癒されました。完走記念のあきたこまちも5kgと太っ腹。また来年の出たくなるだろうな~~、地元の大会としてこれだけは、これからもお世話になりたいと思います。
 大会後、大きな筋肉痛もなく、なか2日を置いてローラを踏むことも出来ました。後は来月7日の、第11回鳥海山グルッと一周MTBサイクリング100km!!それまで、どんな練習をしようか?熱さが落ち着いたら、峰越林道越えで真昼山を跨ぎ岩手県まで行ってみようか(^_^;
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2012/09/07 20:52 ] 自転車 | TB(0) | CM(4)

海外通販は安いけど不良品やトラブルがあったとき面倒そうですね
あとロードもディスクブレーキ化が進むような気がします
ディスクブレーキになるとフレームもホイールも専用になるわけで、あと1年我慢して貯金するのもありかもですね
昔、MTBにディスクが付き始めた頃、アダプターを使って無理やりVディスク用のフレームにつけてフレームを壊した人がいたようです
[ 2012/09/08 20:57 ] [ 編集 ]

トラブルも一つの楽しみとして(^_^;
確かにシクロクロスはディスクブレーキ化が加速しているようなので、いずれロードバイクにもというのは順当な流れでしょうね。しかし、シマノさえシクロディスクユニットはまだメカニカルだったりしますので、軽いタッチの油圧式が普及するまでは時間がかかると思いますので・・・ 中間を埋める機種更新として考えてます(^_^)v
[ 2012/09/08 21:57 ] [ 編集 ]

これ↓どうですか?
http://grovemiyamaedaira.blog.fc2.com/blog-entry-98.html
アルミの中では一番良いバイクだと思います
重量も軽いしカラーリングもいいし
105なら20万しないし
[ 2012/09/09 06:24 ] [ 編集 ]

takaさん情報どうもです間違いなくCANNONDALEも気になるブランドです。CAAD10 5 105のグリーン、ホワイトのカラーリング、イケてますね。浮気しそうです(^_^;
[ 2012/09/09 21:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoh1f.blog.fc2.com/tb.php/130-e6021677