タイヤのローテーション

 諸般の事情により本日は休日。で、以前から気になっていたタイヤのローテーションを行いました。1000kmでやろうと思っていましたが、なかなか機会が無く、本日1440kmでの作業でとなりました。kuraroに標準で装着されていたMichelin PRO4のタイヤですが、前輪はほとんど減っていないモノの、後輪は少し扁平に減り始めてきています。買ってからパンクもしていない事から、まだタイヤを外した事が無かったので、興味津々でホイールの様子や使われているチューブも確認しながらの作業となりました。作業の前にタイヤに記載されている空気圧の表記を記録するため、チョークでこすり文字を白くして写真撮影。体重からして7.5BARSとなりそうです。


 クリンチャータイプなだけあり、一旦嵌まっているタイヤはきつくも無く、スムーズな脱着が出来ました。履いていたチューブはSCHWALBE製のもので、38mmバルブでなんと114g。


 以前から気に入って使っていたTIOGAのウルトラライトチューブは48mmバルブで64g。もちろん使い慣れたTAIOGA製に換えて、SCHWALBEはサドルバッグ行きで予備品になりました。



 一方ホイールは、何とリムテープが無い。と言う事はチューブレスタイヤでもでも・・・、と思いましたが、んなことは無いかぁ。2WayFitの存在意味が無くなってしまいますね。



 終わってから、ネットで皆さんのローテーションの考え方を検索したところ、「減ったタイヤを重要な前輪に持ってくる事自体、理解しがたい。新品を前輪に、前輪のタイヤを後輪に履き替える。」と言う書き込みを発見。確かに理屈はそうだ、なるほど!!と感心しつつも、決して安くないタイヤだしとセコさ丸出しで、それほどシビアになる事も無いだろうと・・・ このまま使ってみて不都合があったら対応しよう!!(^_^;

 あちこちバラしたついでに、先の田沢湖行きで痛みの出たサドルも調整。少し後退させるとともに、サドルの前方を下げ、サドルレールをほぼ水平にセットしました。次の長距離の機会に状況を見ながら少しずつ調整していきます。でも1400kmも走ってようやく気がつくなんて、かなり鈍感なのだろうか(^_^;



 30分ほどのローラーでは不都合が無く、DEFY当時のしっくりとしたフィット感が少しずつ戻ってきた感じですv(^^)v

今日の距離: 20.7km(物置で三本ローラー、最近は扇風機が必須)
今月の距離:512.3km(月間目標距離の2.5倍v(^^)v)
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2013/05/30 22:31 ] 自転車 | TB(0) | CM(2)

どうしても後輪に荷重が掛かる為に空気圧も若干高めに入れる必要がある位ですから先に減ります。
俺は前後入れ替える派ですけどドッチでも間違いではないと思いますよ。
スポークホールが無い>実はこっそり2WayFitのほうが付いて来た・・・とか?
後はチューブレスレディ対応だとか?位しか思いつきませんねぇ
[ 2013/05/31 18:43 ] [ 編集 ]

驚いた事にチューブを軽いモノに換えたら、かなり良く回る感じがしました。フルクラレーゼロでもこんなモノかと多少不満に思っていましたが、チューブを換えて大正解ですv(^^)
やっぱり普段見えないものは機会を捉えて覗いて見るのが宜しいかと(決して怪しい意味ではありません(^_^;)
[ 2013/06/01 13:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoh1f.blog.fc2.com/tb.php/191-5396be24