インプレ前提条件

 夜のローラー練習をしていたら、ショップから電話。フレームはまだ届いていないが、ホイールは組み上がったとか。少しずつ、モノが揃ってきています。フレームが届けば急いで組んでくれると言うことから、早ければ今週末には出来上がるかも・・・v(^^)。とりあえず明日の午後にはRR585アルテの手組みホイールを受け取りに行ってきますv(^^)v
dtswiss_RR585.jpg

 まだ届かないながらも、自らのmemo書きとしてどんな観点からインプレッションを記録しておくべきか、舞い上がる前に書き留めておこうと思います。
 比較はまず、kuraroとTNi7005mk2、さらにはフルクラレーZEROとRR585+アルテハブというように比較対象が2段階になろうかと。体感的な記憶にあるのがkuraro+レーZEROで、比較する新たな組み合わせTNi7005mk2+レーZEROとTNi7005mk2+RR585(アルテ)になります。実際試走してからになりますが、用途を大別しレース系の決戦ホイールとしてはレーZEROを使い、ブルベと普段履きがRR585(アルテ)をと使い分けていこうかと目論んでいます。

・破格なアルミフレームのTNi7005mk2は、カーボンに比べてどうなのか?
・堅いと言われるフレームでどれほどの長距離を走ることができるのか?
・コストパフォーマンスをどれほど体感できるのか?
・50代後半の足腰で何年ぐらい乗れそうなのか?
・完組と手組、2組のホイールとの相性はどうなのか?

 楽しみと不安は尽きませんv(^^)v

今日の距離:26.3km(kuraroに乗るのも、もう僅か(T_T)
今月の距離:257.3km(この調子でいけば、300km/month達成なるか??)
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2014/04/22 20:29 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoh1f.blog.fc2.com/tb.php/317-b491d837