アタック男鹿

 BRM914埼玉300が開催される事を他の方のブログで知り、ギリギリの申込をした上で9月14日に走ってきました。前の週の土日に開催されたランドヌール宮城初の連続ブルベに際し、傷めてしまったお尻が心配でしたが、一週間全く自転車に乗らず、下手な薬も付けず、出来るだけ圧迫しない様に生活する事を心がけてお陰で、どうにか一皮剥けて、前日の夕方には装備確認も含めて近所を一周することが出来ました。ただし、使ったサドルは以前使っていたベロの130mm幅のヤツで、これもたしか150kmぐらいで痛みが出たような・・・。長く快適に使っていたROMINもお尻の形が変わってきたのか、200km+300kmで最後に痛みが出てしまいました。同じサドルだと同じ箇所が傷むだろうと換えてみましたが、やっぱり200kmを越えた道の駅「あにマタギの里」以降は苦行でした(T_T)
DSCN5855_sadoru.jpg

 当日の朝、午前3時半に自宅を出る際は気配すら無かった雨が、秋田中央ICを降りる頃には降り出し、八橋運動公園に着いたときは本降り。宮城300でも前後して走らせて頂いたKOMAさんが、暗闇で雨の中集合場所にホテルから自走し来ていました。確か隣のグラウンドの端っこに東屋があった事を思い出し、当面の待避所として案内。隣の駐車場は進入止めのスチール製ポールで入れずorz。直ぐ近くの八橋陸上競技場裏の庇になっている場所に車を止めて出発準備。土日祝日以外は駐車禁止になっている箇所なので、帰ってくるまではokかと。

 5時近くになり雨が小降りになったところで先ほどの集合場所へ。やはり東屋が受け付け、ブリーフィングの場所でしたv(^^)v 署名捺印したハガキを提出し、ブルベカードを受領。ブリーフィングの後、車体検査を受けそれぞれ出発です。ブログを通じてコメントのやり取りをしていたsorapapaさんともオフラインでは初顔合わせでした。それぞれのペースでとは言いながら、少し後方を走らせて貰ってましたが速い早い。私はゆっくりと(^_^;

 スタートから20kmほど、雨も上がり道路が乾き始めると、第一なまはげ登場。
DSCN5867_nama1.jpg

 新国道沿いの様々な全国チェーン店が立ち並ぶ道路を進み、男鹿港を目指して進みます。国道から左に折れ県道へ入り少し進むと、男鹿海洋高校横からいよいよ少しずつ海岸線のアップダウンが始まります。スタートから45kmほど門前の第二なまはげ。
DSCN5869_nama2.jpg

 写真を撮ってトイレに寄っているうちに、通り雨。近くでサザエやアワビを売っていた地元のおばちゃんの出店も大わらわでした。でもこれが最後の雨だったと記憶しています。そしてここから見上げる先に行く先の道路が・・・、つづら折りの道が、先週の300kmで走った三陸海岸を思い出させます。ジッと我慢で60km地点の男鹿水族館GAOも過ぎ、目指すは70km地点の入道崎灯台。
 で、ここで質問です。入道崎の灯台の明かりは何万カンデラでしょうか?ブルベでは初めてのクイズポイントでした。灯台の根っこまで行き施設の概要周知板に記載の数値をしっかりブルベカードに書き入れました。間違っていたらシャレになりませんから(^_^;
DSCN5875_q1.jpg

 今回はもう一つのクイズポイント(QP)がありまして、その回答を求めて寒風山頂上の回転展望台を目指します。晴れた日に車で遊びに来るには開放感あふれた風光明媚な男鹿半島ですが、そんな観光客の車を横目に上る6kmのヒルクライムは・・・。誰か代表で答えを見に行ってくれと思わず言いたくなるような見上げる登り坂orz。当然のように誰も口にしませんので、みんなで黙々とペダルを漕ぎます。頂上近くになり先に上った方が「お疲れ~~っす!」と下ってくるのが嬉しいやら、腹立たしいやら。答えを見つけたその先に、いました第三のなまはげ(^_^;
DSCN5882_nama3.jpg

 私も、一生懸命上ってくる後続の方に敬意を込めて「お疲れ~~っす!」と声をかけて下ります(^_^; 寒風山を下りきると、超ド平坦な大潟村。干拓地をまっすぐに20km、干拓地内を北上します。余りにまっすぐで眠さを催すほどです。本日初めてのPC、能代のPC1ローソンを目指します。
 余りお腹もすいていなかったことから、おにぎりと水を調達し、貯金2時間を残して早々に出発します。国道7号と二ツ井からは県道を経由し内陸部へと分け入っていきます。合川駅を過ぎ少し進んだ「北秋田市上杉地区」でお祭りの行列を発見。県道を横切るために先導する係の人が自転車で来た私に進むよう手招きしましたが、写真を撮りたかったので自転車から降りて行列を見送りました。馬に跨がった武将や、鑓を持った家来、引き続く笛や太鼓、決して有名では無いのだろうけど、参加している地域の方や子供たちが生き生きとしていたことが印象的でした。
DSCN5887_maturi.jpg

 さらに5kmほど進むと、米内沢からR105へ入ります。80km先の角館までこの国道を南下する迷いようの無い一本道になります。180km地点の阿仁前田駅前のPC2では遅めの昼食。腹の減り具合とこの先の上りを考えて、太めのウインナーとカップヌードル。普段では考えられない食事ですね(^_^; ヘルメットもシューズも脱ぎリラックスし長めの休憩を取ります。気温が低いとこうはしていられませんが、天気も回復し日向では心地よい気温になったことからゆっくり出来ました。2時間半の貯金と日没前に「大覚峠」を越えられそうなことから、次の目標地「道の駅あに マタギの里」を目指します。
 マタギの里では水の補給とアイスクリームv(^^)v、今回初の冷たいものでエネルギー補給も十分かと。ここでは、お尻を労り30分の休憩でした。
DSCN5892_matagi.jpg

 大覚峠は今回で二回目で、これでもか!と言う上りカーブも何となく記憶に残っていました。日陰では徐々に寒さを感じるようになってきた仙北市に入る郡境の頂上では、先行した方が下りに備えてウインドブレーカーを羽織っていました。私も予定どおりもう一枚着込み下りに備えます。日暮れ前に距離を稼ぐため先を急ぎます。上桧木内の紙風船上げが行われる紙風船広場で温かいうどんがあればと期待していましたが、店じまいしていたのでパスしました。
 仙北市西木町松葉地内で反対車線に看板発見。二週間後に行われる「2014 北緯40°秋田内陸リゾートカップ 第24回100キロチャレンジマラソン大会」の看板で角館から20km地点を示すものでした。
DSCN5893_marason.jpg

 あちらの大会は県内の大手企業がスポンサーになっている上、特集としてテレビ放送もあるんだっけな~~と、ぼやきながら更に走ること8km。春には栗林が一面のカタクリで覆われ、隠れた観光スポットになっている八津の「かたくり館」で日没を迎えました。PC3までもう10km。

 角館のPC3では夕飯も兼ねて少し長めに時間をとりました。先に到着していた千葉県からお越しのデローサ乗りの方と話をさせて頂きました。関東方面に比べると信号機の数も交通量も少なく走りやすいとか。あちらは走るにしてもストレスが溜まると仰ってましたが、真のランドヌールは場所と時間を選ばず!、でも本音を言うと地方の者が関東方面を走るためには環境に慣れなければならないという、途轍もなく高いハードル越えがあるだろうなと感じました。(私には走れそうにありません)

 残り50kmをお互いに声に出し確認しながら時間差でPC3を後にします。後半、あちこちで多めに休憩時間をとりましたが、それでもPC3出発時点で貯金は拡大して3時間v(^^)。焦らずにゆっくりゴールへ向かえます。お尻が少しずつヤバくなっていたので、この先の路面が悪いところでは無理も出来ませんでしたが、明るいライトとヘッドライトのお陰で、路面状況も良く把握できました。夜間走行の秘訣は、明るさが第一だと再認識しました。

 今回は以前の300kmより時間がかかり、お尻も痛くなったものの、時間的な余裕があり後半のコースもよく知っている道であったためか、疲労度はマイナス20%と言った状況でした。スタート地点まで戻るべく、単純な道を選び川反の繁華街を抜け八橋へ向かいました。帰りはハンバーガーを頬張り、一路大曲に向けて1時間。途中眠くもならずに24時前に無事帰宅。スタッフ及び参加者の方々、企画して頂いたオダックス埼玉に心から感謝申し上げますm(_ _)m

 今日の距離:310.9km(今月三本目のブルベv(^^))
 今月の距離:821.4km(まだ3日しか乗ってないんですけど~~っ)
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2014/09/16 19:51 ] 自転車 | TB(0) | CM(2)

お疲れ様でした!

さすが地元の方だけあって、細かいところを記録されていますね。私の事も書いていただき恐縮です。
(≧∇≦)お尻が痛そうですね。サドルとの相性もありますが、レーパンのパッドはどうでしょう?私はフィジークアリオネとスポーツフルのコンフォートのセットです。コンフォートはパッドが18mmと厚めです。私の場合、300km以上では絶対コンフォートで無いとダメです。これは私のブルベ師匠黒澤氏(600km日本記録保持者)からの受け売りです。参考になればいいですが。
[ 2014/09/19 09:34 ] [ 編集 ]

Re: お疲れ様でした!

デンスケさん、コメントありがとうございます。
確かに後半はお尻が痛みましたが、連続ブルベのように傷む事もなく
終える事が出来たようです。もうローラーにも乗れますからv(^^)v
でも、アドバイスを頂いたとおり、今後の快適な走りが出来るように
レーパンも厚めのモノを試してみたいと思います。
今回で今年の私のブルベは終了です。600kmに参加できなかったことが
多少の心残りですが、その楽しみは来年に残しておきます(^_^;
また何処かでお目にかかれることを楽しみにしています。m(_ _)m
[ 2014/09/19 19:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoh1f.blog.fc2.com/tb.php/366-b708e27c