スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

BRM509宮城300km物見山、完走

 今回のブルベは去年の秋、9月7日とほぼ一緒のコースでしたが、季節の違いや復興の進み具合など、秋とは違った顔の景色で迎えてくれました。9時間20分ほどで完走してきました。スタッフの皆様、参加された皆様から声を掛けて頂き楽しく走ることが出来ましたことに、心から御礼申し上げますm(_ _)m

 前日の夕方までにすべて積み込みも含めて準備が整っていたことから、前の夜はビールで景気付けをし午後9時には就寝。午前2時までの5時間熟睡できました。出発しようと飲み物を取りにキッチンへ行ったところ、温かい家族の応援メッセージがあり力を貰いました。
DSCN6792_ouen.jpg

 あ・ら・伊達な道の駅までは、湯沢から鬼首峠を越えるR108で2時間弱の距離ですので、近くのコンビニで朝食を買い込み、おにぎりを頬張りながら会場をめざします。地方の3桁国道、しかも峠越えとあって交通量はごく僅か。実質1時間50分ほどで到着し、ブリーフィングまでは余裕の時間でした。
 前回も様々な話をさせて頂いたUttakeさんはじめ、スタッフ、知り合いの皆さんと朝の挨拶を交わします。
DSCN6795_start.jpg

 去年は午前6時スタートでしたので、PC1近くの厳美渓にある空飛ぶ「郭公だんご(かっこうだんご)」が食えるのではないかと期待したのでしたが、営業時間前で敢え無く断念。今年はスタートが更に1時間早かったので、寄りもしませんでした。厳美渓の次は達谷窟(たっこくのいわや)、コース定番のポイントです。民家の芝桜が綺麗だったので
そそり立つ岩壁に刻まれた磨崖仏(まがいぶつ)に花を添えた写真にしてみました。
DSCN6798_takkoku.jpg

 毛越寺も同様に朝早い時間で、地元の方が犬の散歩に歩いている状況で、遠目に写真を撮り先を急ぎます。
DSCN6801_moutuuji.jpg

 平泉からは岩手県の内陸部と沿岸部を隔てる丘陵地帯の裾野、県道14号のアップダウンを踏破しながら江差へ向けて北上します。去年は稲刈りシーズンの少し前という時期で、黄金色に染まった田園を高台から眺め進んだわけですが、今年は田植えの初期。新緑の中、田植えが終わるとひとつひとつの田んぼが集まり、巨大なダム出現と言った景観を提供してくれる場所となるはずです。月夜に走ったら幻想的だと思ったのは私だけでないはず、と言うほどの景色でした。感動的で、様々な空想をしていたので写真はありません(^_^;(次回は必ず)

 PC2はタイトルにもある物見山への登坂前にあります。去年の連続ブルベで前日の200kmで気力も体力もお尻の皮も使い果たした私が、DNFしようか30分間も悩んで場所です。単独ブルベだと前年に比べ順調すぎるほど、気力も体力もお尻もokでした。むしろ、キツイのは物見山を越えた住田町から大船渡市へ越える峠。あれっ、こんな上りが有ったっけ?と思わせながらも、進めば何やら見覚えが・・・。とはいうものの、下り始めると有りがたくない向かい風。折角の位置エネルギーがスポイルされてしまうほどの風邪に悩まされました。

 R宮城のHPでホタテバーガーやさんまラーメンの紹介記事があり、頭の隅には入っていたのですが、去年と同様にPC3に到着したらカップ麺が食べたくなってしまい、事前情報はすっかり記憶の彼方。体力低下は思考能力も大幅に低下させるのですね(普段からかなり低いという話は内緒です(^_^;)
 ここでUttakeさんから、「明日はマラソン」との話を聞いてびっくり仰天。足を温存するようにゆっくり走るか、早く走りきって帰ってゆっくりするか悩んでいたようでしたが、如何だったでしょうか? 50過ぎてからの体の故障は回復までに要する時間が長いので、無理はしないで貰いたいのですが・・・。私ですか?絶対そんなことは出来ません(^_^;
 ノコギリの歯のようなギザギザの三陸海岸をアップダウンもこなしながらPC4に向けて南下します。陸前高田市は海に近いこともあり、道の駅なども津波被災当時の姿です。奇跡の一本松も遠目で見てきました(貧脚のため近くまで行くと時間が・・・。)
DSCN6804_matu.jpg

 道の駅大谷海岸で水補給を兼ねてトイレタイム。スタートで投入したシャーミークリームはここでの再投入と併せて計2回。尻の皮も厚くなったモノだと、妙なところに一人で感慨にふける。次のPC4までは60kmほど、何も考えずにペダルを回し続けた・・・、そんな記憶しか有りません。
DSCN6805_ootani.jpg

 去年は真っ暗な中で辿り着いたPC4でしたが、今年は予定よりも1時間早く着き貯金も3時間という状況でした。足が出来上がってきたのかと勘違いするほどでしたが、スタートが1時間早いし、日没時間が秋に比べ1時間近く遅いことに依るものだと気づくまで何やら得した気分(^_^;。しかしここ迄来て残り75キロで小雨模様になってしまいました。予報を信用するならば、大雨にならないであろう事は確かでしたが、断続的にポツポツと降ってきてしまい、この先20kmは雨とのお付き合いでした。何があるか判らないブルベに備えてウインドブレーカーへ吹きかけていた防水スプレーが見事に効果を発揮してくれました。
 登米市内に入ってからは雨が上がると同時に、日没の午後6時40分を迎え、気温も下がりだしてきます。ここら辺から残りをご一緒させて貰ったハイパーさん と二人での走行となりました。伊豆沼の近くをとおり、栗原市へ。市役所近くの三叉路にある、ファミマで水補給を行い、残り20km、ゴールをめざしてgo!!
 ゴールへ8kmの所まで進み、エネルギー切れにより何か甘い物が欲しくなって自販機休憩。ハイパーさんと暖かいモノで和みましたv(^^)。そうこうしているうちに後続の方2名が来て合流しゴールをめざします。この調子だと少しずつ離されても背中が見える範囲で前走者に続き、4時間の貯金を残して余裕のゴールと思いきや・・・。

 最後の最後に落とし穴が・・・、本当の穴に填まったわけではありませんが、ゴールの1キロほど手前の下っている途中、前輪のグリップに違和感が・・・。止まって確認すると前輪タイヤのの空気圧が異常に下がっていました。走れるところまで行って、無理なら修理せず徒歩でと言う判断をしました。R47手前の踏切手前で走行を断念。残り700mは押して進み、徒歩でのゴールとなりましたorz。徒歩のぶん20分ほどの掛かり増しになりましたが、無事にゴールできました。ブルベ初のパンクに一時気持ちが舞い上がりましたが、これもまた経験、パンク修理して乗ってゴールすれば良かったのかな(^_^; ゴールではハイパーさんが心配して待っていてくれました。thanxでしたm(_ _)m
 今回はブルベにおける様々なシーンで状況を判断し自らの責任と計画の中で進めなければならないことや、相変わらず上りに弱い我が身を振り返り収穫の多いブルベでした。来月の400kmに向けて精進します。

 帰りは残る体力を振り絞ってR108を北上。と言っても30分ほどで力尽き、鬼首除雪センターの駐車場で仮眠が笑うほどの熟睡。午後10時半には寝落ちし、いつもの起床時間午前5時40分まで爆睡。朝日が眩しくて目が覚めました。

 5/9の距離:303.2km(最後のパンクも含め楽しいブルベでしたv(^^))
 今月の距離:412.7km(BRM606に向けて、精進が必要orz)
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2015/05/11 19:57 ] 自転車 | TB(0) | CM(8)

お疲れ様でした。そちらも雨に祟られたのですねぇ・・・
[ 2015/05/11 20:31 ] [ 編集 ]

お疲れ様でした
完走は流石です
(よ)さんの家族、絵心ありますな(笑)
[ 2015/05/12 00:02 ] [ 編集 ]

Okaさんコメントありがとうございます。
たった1時間程度だったのでどうにかダメージを受けずに凌げました。去年の連続ブルベに比べると体調も良いし、日が長いこの時期で走りやすかったです。
takaさんとの2ショットシャークダウンでnewマシンの効果を確認できたようですね。おめでとうございます。m(_ _)m
[ 2015/05/12 08:31 ] [ 編集 ]

楽しめた300kmでしたv(^^)
普段は口うるさい家族・・・、と思いがちですが、こんな時は流石にありがたいですね。
[ 2015/05/12 08:33 ] [ 編集 ]

お疲れ様でした。

(よ)さん完走おめでとうございます。
私も無事完走して4時間以上かけて帰宅しました。翌日はマラソンではなく地元のサイクリングイベントだったのですが予想外の雨と寒さにより途中で中止となりました。
来月は400㎞ですね。(よ)さんは6/6の宇都宮400kmですか。移動距離が長いので車の運転気を付けてくださいね。
私はDNF覚悟で6/13の鳥海高原にエントリーしました。お会いできないのは残念ですが、お互い楽しく完走目指して頑張りましょう。また機会がありましたらよろしくお願いします。
[ 2015/05/12 10:35 ] [ 編集 ]

Re: お疲れ様でした。

Uttakeさん、コメントありがとうございます。
翌日はマラソンではなくサイクリングイベントでしたか、耳が老化してきてますね(^_^;
次はBRM613の400kmですか、去年の経験からすれば鳥海山に登って象潟のPCに着くまで、決して無理はしないで下さい。そこ迄に無理をすると、その先の鳥海高原で心が折れます。
Uttakeさんの足なら、最終PCの真室川駅か、その先の新庄駅あたりで仮眠のタイミングが宜しいかと。とんでもない状況の中で仮眠を取る非日常的な400kmは、スリリングで違った楽しみがありますよ。
次の600kmでお目にかかれることを楽しみにしていますv(^^)
[ 2015/05/12 20:33 ] [ 編集 ]

先導して頂き有難うございました
前日まで仕事に終われ出れるか不安だったもので
キューシートを準備して無かったもので
荷物+バックの重量 5kgありました重い筈ですw
万が一に備えてチューブ2本と全ての着替え・タオル・日焼け止め
紫外線予防グッツ・予備バッテリーなどを積んでました
使いませんでした
次は鳥海山ですね、また宜しくです!
[ 2015/05/12 23:17 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ハイパーさん、その節はお世話になりましたm(_ _)m
わざわざ遊びに来て頂き感謝しております。
確かに、結果的に使わない荷物って結構ありますよね。
それでも持たずにいられないのが我々年寄りの修正なのかも(^_^;
仕事の都合で613の鳥海高原は見送り、一足早い606の宇都宮
400に挑戦してきます。
7月の600でお目にかかれることを楽しみにしています。

[ 2015/05/13 08:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoh1f.blog.fc2.com/tb.php/405-296a7bb1








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。