宇都宮400kmブルベ(その壱)

 DNFとなった400kmブルベの顛末です。
 そもそも、前日乗り込みで時間に余裕を持って出かける事が出来れば、体調を良好な状態に保ち参加する事が出来たのでは無いかと思われます。少しずつ無理が利かない年齢になっている事を改めて感じました。
 5日の仕事を終えて帰宅後、自家用車へ機材を積み込み。4日の夜にチェックシートで確認し揃えていたので、積み込み自体は極めて順調。早く寝付けるように普段は飲まない晩酌をしつつ、夕食を終えて7時に就寝。と言っても、酒だけでは無い興奮のため、なかなか寝付けませんでしたorz
 23時30分にセットしたタイマーが鳴る前に目が覚めてしまいました。最終的な荷物のチェックをし、自宅出発が23時48分。いざ北関東をめざして430kmに及ぶ第一の旅が始まります。
DSCN7023_navi1.jpg

 最近は高速道路を使うと言ってもせいぜい仙台までで、それより遠い場合はほとんどが新幹線利用となっています。自転車を持ち運ぶという前提で当初から自家用車利用を予定していたのですが、その疲れがこの後どう影響するのか、この時点では全く考えが及んでいませんでした。
 しかも古川以南は雨。そのため80km/hの速度制限に加え、雨で視界もすっきりしないし・・・。国見SAで小休止をとりながらも南下しましたが、眠気を感じ、安達太良SAで到着時間を逆算し40分の仮眠。助手席をフラットにしベッドスペースを作ってみましたが、思いの外快適で良く眠れました。
 スタートの森林公園駐車場にはほぼ予定どおりに到着。長い第一の旅でした(^_^;
DSCN7025_navi2.jpg

 相変わらず止まない雨の中、受付・ブリーフィングと進みます。皆さん雨具を着てのスタートです。
DSCN7027_buri.jpg

 少し走ると、程なく雨は上がり走行環境は良くなりますが、雨降り後のせいかパンクする方が続出して、4名ほどいたようです。私の場合パンクはなかったのですが、50kmを過ぎたあたりの下り道、多少路面が荒れていたと思うのですが、チェーンが切れるという思っても見ないトラブルに遭遇。心配した参加メンバーが声を掛けてくれました。ミッシングリンクの予備を持参していたので事なきを得たのですが、飛んだ箇所が前から付けていたミッシングリンクの箇所のようでした。教訓1:補修用の予備品としては有効であるが、ミッシングリンクの常時使用は過酷な使用条件下では、それ自体が故障の要因となる。(帰宅後交換したチェーンはピンで固定しました)
 多少の異音を感じながらもPC1に到着。多少の貯金も確保しながら順調に進捗・・・、と思ってクランクに目をやったらorz、ミッシングリンクのコマ5つ前のチェーンが斜めに歪んでました。異音の原因が分かって安心するとともに、この先が思いやられテンションダウン。ただし雨を想定しwetのチェーンルーブを持参していたので、計2回ほど注油したら異音は無くなりましたが・・・。前回のパンクと言い、今回のチェーン切れと言い、これがブルベと知りつつもトラブルが無いのが一番と改めて感じました。普段に手入れ次第という事でしょうか。余りに突発的で焦っていたため、写真は1枚もありません(T_T)
 この後、観光客で賑わう大内宿、大内ダムを経由しPC2へと進みます。
DSCN7035_dam.jpg

 PC2では空腹感も無かったことから、ドリンク1本で早々にリスタート。7km先にあるソースとんかつ屋を目指しましたが、丁度足の合う方々と走っていたため、名物はパスしました(^_^;
 会津若松市内を抜けて、ばんだい道の駅を過ぎると、そろそろ磐梯山が見えるビューポイントや今回の大ボス「磐梯山ゴールドライン」の看板が出てきます。この先にまだまだ足を使う箇所があるので、使い切らないよう気を遣いながら・・・。途中数回休みながらも・・・、山湖台での眺望に癒やされながらも、頂上を目指します。
DSCN7036_sankodai.jpg

 水も切れてようやくの思いで頂上に到着しましたが、今まで感じたことのない眠気と寒さで、その時はこれ以上ペダルを回せない状況でした。頂上に熊注意の看板とともに東屋風の待避所があり、合羽を着込み20分の仮眠。何で眠いのだろうと自問自答しながら、この先を考えました。この時点で走り続ける気力は限りなくゼロ、PC3に向かって下ったらDFNを連絡し電車で帰ろうと決意した瞬間でした。
 前日5時間寝て、夜中に起きて5時間高速を飛ばして、自転車で400kmを走る。一般的に考えたらかなり変態じみてますね。体力・気力に関して根拠の無い自信があった為にやらかした失敗では無かったのかと・・・。
 PC3到着を示すレシートの時間は18:20、時間的にはまだ多少の余裕があります。寒さ対策としてパスタを暖めて貰い、その他に腹持ちの良いあらびきフランクを食べました。腹を満たしたうえで、スタッフにDNFの電話を入れてリタイヤ確定。8回目にして初のDNFとなりました。女房にも電話を入れて状況のみを連絡。多少気落ちする部分もあった事は確かですが、安全を最優先して帰路につける安心感が心を満たしてくれました。
DSCN7059_card.jpg

to be continued
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2015/06/09 19:52 ] 自転車 | TB(0) | CM(2)

山形1号

お疲れさまでした。前日の睡眠は非常に大事ですね。あと、DNFを決めるのは、時間いっぱい寝てからにするといいと思います。フラット600でお会いしましょう。
[ 2015/06/11 12:12 ] [ 編集 ]

山形1号さん、アドバイスありがとうございます。確かに「DNFを決めるのは、時間いっぱい寝てからにするといい」ですよね。復調すれば続ければ良いし・・・。多くのコースを走っておられる達人ならではのアドバイスとして、心に留めておきます。フラット600は・・・、お会い出来るのはスタートだけかも(^_^; 宜しくですm(_ _)m
[ 2015/06/11 20:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoh1f.blog.fc2.com/tb.php/413-d1380c63