増田の蔵

 朝の最低気温がかろうじて二桁を保っているものの、寒さを感じるようになった10月、朝練はなかなか決意出来ない季節になりました。日中の日差しを見ながら2週間ぶりに、お気に入りの国体コースでも一廻りしようかと目論んでいたら・・・、女房と出かける約束を交わしていたらしく・・・orz。
 意を決して(ポタリングを諦めてとも言う)、合併に伴う横手市市制施行10周年記念行事のひとつ「第10回蔵の日」へ出掛けました。話には聞いていましたが、実際に見るのは初めてです。
DSCN7990_kangei.jpg

 駐車場の関係で南から通りに入り見てきました。元気の良い地元中学生の案内でまずはまんさくの花で有名な造り酒屋「日の丸醸造」さんの蔵へ。
DSCN7991_kansaku.jpg

 酒屋さんの事務室の横を通り過ぎ奥へ進むと、立派な内蔵が姿を現します。観光客もかなり多く混んでいましたが、中に入り主人の説明を伺いました。
DSCN7993_kura1.jpg

 増田の内蔵は火事対策として、居住空間の一部を蔵形式にしたもので、立派な漆塗りの柱や梁、狭い間隔で並べられた五寸の柱など、通常の家屋とは雲泥の差があります。雪深い地域でもあることから、蔵のお陰で冬も寒くないとか。財を成した商家であれば、その美しさはより一層輝きを感じました。誰が聞いたのか、目立たない置き方でしたが当時1本60万円近くしたJBL Studio Monitor 4435が花瓶置きの台代わりに・・・、羨ましい限りです。
DSCN7997_kura2.jpg

 その他、こんな立派な蔵や
DSCN8013_kura3.jpg

 共通見学証の写真になった蔵や
DSCN8026_kura4

 歴史を堪能して参りました。

 今日の距離:31.9km(先月21日から2週間ぶりorz)
 今月の距離:31.9km(鳥海グルイチまでもう1週間しかない・・・ )
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 ←ポチッと頂くと嬉しいですm(_ _)m
[ 2015/10/04 22:06 ] 日々 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yoh1f.blog.fc2.com/tb.php/436-eff9c6be